穂乃果「えぇ?海未ちゃんがことりちゃんをイジめてる?」

ことうみ, ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 00:56:47.93 ID:G5DRJzrP.net
絵里「そうなのよ」

 

穂乃果「そんなのありえないよ!海未ちゃんはことりちゃんのこと大好きだし、ことりちゃんだって海未ちゃんのこと大好きで…」

希「まぁまぁ穂乃果ちゃん、落ち着いて…」

にこ「まぁにこもイジメとはちょっと違うと思うけど」

絵里「だって、あれは異常よ?」

穂乃果「絵里ちゃんが現場を見たの?」

絵里「えぇ、昨日の練習終わりにことりが海未の衣装合わせをしてたでしょ?」

3: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:01:14.14 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

絵里「ふぅ、練習終わってから生徒会の仕事なんて災難だわ…」

絵里「希はにこの家に遊びに行くって逃げちゃうし…久々に一人で帰るかな…ん?」

「海未ちゃん!次はこっち!」

「えぇ!?無理ですその衣装は!」

絵里「ハラショー!海未とことりはまだ部室にいたのね!」

「海未ちゃんお願い!1回だけ着てみて!」

「嫌です!ちょ、ちょっと!何脱がしてるんですか!」

絵里「ふふ、ずいぶん盛り上がってるみたいね…ちょっと覗いてみようかしら」

チラッ

 

4: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:04:59.71 ID:G5DRJzrP.net
ことり「えへへ、この服はここの紐引っ張るとすぐに脱げるようになっててね~」

 

海未「ことり…やめてください!怒りますよ?」

ことり「えぇ~でも絶対かわ…きゃっ」

がしっ

海未「…ことり…」

ことり「う、海未ちゃん…痛いよ…腕離して…」

海未「聞こえなかったんですか?やめてくださいと言ってるんです」

ことり「で、でもこれ、海未ちゃんなら似合うと思って…」プルプル

海未「…強く言わなければわかりませんか?」

ことり「…へ?」

海未「ことり」

ことり「は、はい…」

海未「やめろ」

ことり「あぅ」ピクッ

 

7: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:07:49.59 ID:G5DRJzrP.net
ことり「…」

 

海未「腕、痛かったですよね、申し訳ありません。今日はもう帰ります」サッサッ

ことり「…」

海未「…ではことり、また明日」

ガラッ

絵里「あっ」

海未「えっ」

絵里「…えっと、いや、覗いてたとかそんな悪趣味な事してないわよ!?たまたま見てただけというか…」

海未「……まぁ、いいです…ごきげんよう、絵里。また明日。」スタスタ

絵里「……は、ハラショー…海未…」

 

8: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:11:02.10 ID:G5DRJzrP.net
絵里「…え、えと…ことり?」

 

ことり「…」ビクッ

ことり「ぁ…え、絵里ちゃ…」ボロボロ

絵里「泣いてるの!?ちょ、ちょっと待ってね、ハンカチあるから…」アワアワ

ことり「いいの!!いいから…ごめんね絵里ちゃん、ありがとね」ボロボロ

絵里「で、でも…」

ことり「心配してくれてありがとね、でもいつもの事だから…大丈夫」ニコッ

絵里(いつもの事…?)

絵里「そんな泣きながら言われても信じられないわ、ことり…海未と何かあったの?」

ことり「だ、大丈夫だから!またね絵里ちゃん!」タッ

ガラッ

絵里「あっ、ちょっとことり!」

絵里「…行っちゃった」

 

10: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:15:00.29 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

絵里「…ってことがあったの」

穂乃果「う、海未ちゃんが…「やめろ」って言ったの?」ブルブル

希「正直想像つかへんなぁ…えりちが嘘ついてる訳ないから、ホントの事なんやろうけど…」

にこ「…やっぱり何回聞いてもイジメって感じじゃないわねぇ」

絵里「でもことりはいつもの事って言ってたのよ?日常的に海未から…その、暴言とは言わないけど…キツいこと言われてるとか…」

にこ「でもあの子たち普段は仲良しじゃない」

穂乃果「そ、そうだよ!私たちの間でイジメなんてないよ!!」

にこ「それにイジメってそんな生ぬるい物じゃないし?」

希「にこっちはやけにイジメに詳しいなぁ」

にこ「なっ…いじめられてないわよ!」ムカー

絵里「で、でも…ことりは泣いてたし…」

一同「うーん…」

 

11: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:19:41.99 ID:G5DRJzrP.net
穂乃果「…本人に聞かなきゃダメだよ!」

 

希「…そやね、やっぱり直接聞くしかないと思う」

絵里「で、でもでも、それでもし海未がクロだったら…」

にこ「なーにビビってんのよ生徒会長のくせに」

絵里「生徒会長は関係ないじゃない!」プンプン

穂乃果「私、海未ちゃんに話聞いてくる!」

希「じゃあウチらはことりちゃんに。」

にこ「そうね、海未は穂乃果1人に任せた方が話しやすいでしょうし」

絵里「…でも、イジめてるの?イジめられてるの?なんて聞いて本当の事を話してくれるものかしら…」

希「海未ちゃんと何かあった?って聞けばいいんじゃないかなぁ」

にこ「そうね、こっちには絵里もいるから昨日のことだってすぐわかるでしょ」

絵里「…わかった、穂乃果!海未の方は…あれ?穂乃果?」

シーン

希「…あはは…行っちゃったみたいやね」

にこ「アホねぇ…」

 

12: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:22:36.01 ID:G5DRJzrP.net
絵里「あ、いたいた」

 

希「ことりちゃーん」

ことり「?…どうしたの?皆揃って…あ、衣装の事なら今にこちゃんの」

にこ「衣装の話じゃないんだけど今はにこの衣装について話してもらおうかしら」

希「もう…にこっち?」

にこ「冗談よ!」

絵里「あのねことり…やっぱり海未と何かあったんじゃないかなって」

ことり「…昨日のこと、2人に話ちゃったんだ」

絵里「えぇ、ごめんなさい。でもあなたの事が心配だったの」

ことり「謝らなくていいよ、説明せずに逃げちゃった私が悪いんだし…」

にこ「…で、どうなのよ」

ことり「海未ちゃんとはなんにもないよ?本当に。」

 

13: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:26:21.29 ID:G5DRJzrP.net
絵里「でも泣いてたじゃない…ことり、今更隠さなくていいのよ」

 

希「そうやね、悩み事があるなら相談して欲しいな」

にこ「そうよ!スクールアイドルの活動に影響が出たらいけないんだし!」

ことり「皆…」

絵里「…ことり」

ことり「…うん。…すごく前の話になるんだけど…海未ちゃんと喧嘩して…」

希(喧嘩…イジメじゃないみたいやね)

絵里(わからないわよ、そこから発展してるとか…)

にこ「すごく前っていつの話よ」

ことり「えっと…小学生の…5年生の頃かな」

3年「「「小学生!?」」」

 

14: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:30:58.92 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

穂乃果「海未ちゃん!!」

海未「穂乃果?ここ、弓道部ですけど…」

穂乃果「話があるの!!!」バン!

海未「お、落ち着いてください…騒ぐといけないのでとりあえず外に出ましょう」

穂乃果「あ、ごめん…」

海未「…それでどうしたのですか?」

穂乃果「ことりちゃんの事!!」

海未「ことり?何かあったのですか?」

穂乃果「…い、いじ…えっと……ことりちゃんを…その…」

海未「???」

穂乃果「…昨日ことりちゃんが泣いてたって、聞いて…」

海未「…あぁ…絵里から聞いたんですね?」

穂乃果「…うん」

海未「…そうですね、昨日はことりを泣かせてしまいました。」

 

15: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:33:35.65 ID:G5DRJzrP.net
穂乃果「それにことりちゃんがいつもの事って言ってたって!!」

 

海未「…そ、そんなにいつもの事でしょうか…最近は頻度も減った気が…」

穂乃果「さ、最近って…やっぱり海未ちゃん、ことりちゃんの事…イジメてるの?」

海未「イジメ!?そんな訳ないでしょう!!ことりの事は大好きです!!」

穂乃果「わっ、お、落ち着いて…穂乃果だって2人のこと大好きだよ。…じゃあなんでことりちゃんを泣かせるのがいつもの事なの…?」

海未「…えっと、それはですね…」

穂乃果「???」

海未「…小学生の頃の喧嘩が原因で…」

穂乃果「…小学生!?」

 

16: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:38:16.75 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ことり「私と海未ちゃんはね、一度も喧嘩した事がなかったの」

絵里「…まぁ、そうよね」

にこ「想像つかないわねぇ」

ことり「うん、穂乃果ちゃんと海未ちゃんはよく喧嘩して…ことりがいつも2人を仲直りさせて…だから、自分で言うのもなんだけど…海未ちゃんはすごくことりの事を頼ってくれてたの」ポワワー

希「それで、なんで喧嘩と昨日の事が繋がるん?」

ことり「あっ、えっとね、小学生の頃…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーー

ことり「うみちゃん!今日はスカートでかわいい!」

海未「こ、ことり…やめてください、恥ずかしいです…」

 

17: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:43:20.68 ID:G5DRJzrP.net
ことり「うみちゃんはかっこいいしかわいい!大好き!」ギュッ

 

海未「こ、ことり…あ、このリボン…」

ことり「えへへ、うみちゃんのくれたリボン!ずーっと付けてるんだぁ」ニコッ

海未「ふふ、嬉しいです」

ことり「あぅ//…うみちゃ~ん!//」グリグリ

ーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ことり「…って事があって」

にこ「どこが喧嘩なのよ!!!」

ことり「あっ、まだ喧嘩じゃないの!」

絵里「…ことり、小学生の頃から割と…」

希「変わってなくてええと思うよ?」

ことり「えへへ、ありがとう」

 

18: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:48:35.11 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

穂乃果「あー、海未ちゃんがことりちゃんの誕生日にあげたリボン!穂乃果と一緒に選んだやつ!」

海未「そうです、ことりはアレを気に入ってずっと付けてくれていました。」

穂乃果「そういえばいつの間にか付けなくなっちゃったね」

海未「はい、それがこの話の肝なんです」

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーー

海未「ことりが学校に来てない?」

穂乃果「うん、ことりちゃん今日はおやすみしてるんだって」

海未「そうですか…帰りにお見舞いに行きましょう」

穂乃果「うん!…あ、だめだ、ゆきほのお迎えに行かないといけないんだった」

海未「それなら私も…」

穂乃果「ううん、後から行くからうみちゃんは先に行ってあげて!」

海未「…ほのか…はい、そうします」

 

19: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:51:28.90 ID:G5DRJzrP.net
テクテク

 

海未「えっと、ことりのおうちはここを曲がって…あれ?」

「うえぇん…」

海未「…ことりの声?…あっ、あんなところに」

海未「ことりー!木の上で何やってるんですか?」

ことり「あぁ!うみちゃん!!」ボロボロ

海未「ことり?なんで泣いてるんですか?」

ことり「降りれなくなっちゃったの…」ポロポロ

海未「…まったく…ちょっとまっててください!」

 

20: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 01:56:06.00 ID:G5DRJzrP.net
…………………よっと。

 

海未「今回は枝が折れなくて良かったです」

ことり「うみちゃああ…ありがとうぅ…」ギュッ

海未「…それでことり、なんで木登りなんてしてたんですか?」

ことり「朝ね、学校に行く時にね、強い風が吹いてね…これが…」パッ

海未「…あ、このリボン」

ことり「うん、飛んでいっちゃって木の上に引っかかったの」

海未「まさかそれの為に木を登って…」

ことり「うん、降りれなくなって学校にも行けなかったの…」

海未「…ふふっ、あはははは!」クスクス

ことり「…う、うみちゃん!笑わないでよぉ!」

ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

穂乃果「喧嘩してないよねこれ」

海未「あぁ、まだしてないだけです」

穂乃果「というか木から降りれなくて学校休むって…何時間置き去りだったのさ!?」

海未「あの日は確か2時間で授業が終わる短縮時間割だったんです。」

穂乃果「…なるほど…」

 

22: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:01:50.03 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ことり「あの時の海未ちゃんはかっこよかったなぁ、ことりをお姫様抱っこして枝からひょいって飛び降りて…//」

にこ「小五でどんな身体能力してんのよ…」

希「今のところ喧嘩になるような感じじゃないんやけど…」

絵里「これから喧嘩になるの?ホントに?」

ことり「…うーん、喧嘩…うん、喧嘩じゃないのかな?喧嘩…だと思うけど…」

ことり「その時に、リボンを木の枝に引っ掛けた時みたいにすごい風が吹いたんだ。」

ーーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー

ボウッ!

海未「わっ、風…」

ことり「あっ…あぁ!リボンが!!」

ヒュー

海未「あっ…」

ことり「…待ってええ!!」タッ

海未「ちょっと、ことり!あぶないですよ!」

ことり「待ってーー!!」

海未「こと…あっ、車が」

ブロロロロロ

海未「ことり!!止まってください!!!」

 

23: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:07:53.49 ID:G5DRJzrP.net
ブロロロロロ

 

海未「ことり!止まって!!」

ことり「もうちょっとだから!……ほら!捕まえた!…よかったぁ……へ?」

海未「ことりいいいい!!!!」バッ

ことり「きゃっ…」

ブロロロロロ………

ことり「…う、うみちゃ、ありがとう…」

海未「はぁ…はぁ……なんてことを…」

ことり「え?」

海未「何やってるんですか!!バカ!!!」

ことり「へぅっ」ビクッ

海未「止まれと言ったハズです!!死ぬところだったんですよ!!」

ことり「…う、うみちゃ…」ボロボロ

海未「リボン、返してください」

ことり「で、でも…」ボロボロ

海未「返しなさい」

ことり「でも、海未ちゃんがくれた、だ、大事な」ボロボロ

海未「…返せ」

ことり「あぇ…」ビクッ

海未「……私は帰ります、また明日」

ことり「……」ボロボロ

 

24: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:11:36.32 ID:G5DRJzrP.net
ーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー

 

ことり「…って感じで…」

絵里「ことりが悪いわ」

にこ「そうね」

希「思ったより喧嘩やね」

ことり「えへへ、でしょ~?」

にこ「…なんでそんなに誇らしげなのよ…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

穂乃果「じゃああのリボンを付けなくなったのって」

海未「はい、私が没収したからです」

穂乃果「…なるほど、じゃあリボンはまだ返してないってことだよね?その日から今までずっと喧嘩してるんだ!」

海未「いえ、次の日に仲直りしました」

穂乃果「えぇ~?意味わかんないよ…それでなんでことりちゃんが泣くのに慣れるくらいになるの…?」

海未「えっと…私にも正直意味はわからないのですが…」

 

25: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:15:21.86 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー

 

海未「ことり、おはようございます」

ことり「…おはよう、うみちゃん」

海未「…昨日は…その、言いすぎてしまいました。ごめんなさい。」

ことり「ううん、ことりが悪いんだよ、ごめんなさい。」

海未「…その、リボンを返そうと思って」

ことり「ううん、返さなくていい」

海未「え?でもことりはこれを大事にして…」

ことり「いいの。そのリボンは大事だからうみちゃんにあげる」

海未「…ことり…」

ことり「…でもね、その代わりお願いがあるの」

海未「お願い…ですか?」

ことり「うん、放課後にうみちゃんのおうちに行っていい?」

海未「えぇ、それはかまいませんが…」

ことり「じゃあ楽しみにしてるね!」ニコッ

海未「…はぁ…?」

 

26: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:17:55.67 ID:G5DRJzrP.net
放課後 海未の部屋

 

海未「それでことり、どうしたのですか?」

ことり「…うみちゃん、あのね」

海未「…はい?」

ことり「えっと…あのね、その…」モジモジ

海未「大丈夫ですか?」

ことり「だっ、大丈夫じゃないの!!」バッ

海未「わっ、えっと、どういうことですか?」

ことり「ことりね、変なの」

海未「ことりは変じゃないですよ」

ことり「ううん、変」

海未「変じゃないです」

ことり「変なの!」

海未「どうしてですか…」

ことり「…あのね」

 

27: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:20:12.96 ID:G5DRJzrP.net
ことり「嬉しかったの」

 

海未「…え?」

ことり「うみちゃんに怒られて、嬉しかったの」

海未「…はい?」

ことり「昨日うみちゃんに怒られて、リボンを返せ!って言われて、その嬉しくなって、喜んでて…泣いちゃったの」

海未「…えっと、はい?」

ことり「やっぱり変でしょ?ことりおかしいよ」

海未「…えっと…あの、よくわからないのですが…」

ことり「…うん、ごめんね」

 

28: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:25:20.18 ID:G5DRJzrP.net
海未「昨日泣いていたのは…」

 

ことり「嬉し涙なの」

海未「…えぇ…」

ことり「ふだんうみちゃんに怒られる事なんてないし、うみちゃん敬語で話すから、返せ!って言われるなんて想像もしてなかったし…」

海未「…まぁ、確かに、そんなに強い口調で誰かに話した事なかったです。昨日はことりの命の問題だったのでつい…」

ことり「でしょ!?ほのかちゃんにもあんなに強く当たった事ないでしょ!?」グワッ

海未「ま、まぁ、はい…あの、ことり、目が怖いです」

ことり「ご、ごめん…コホン…だから、誰も見た事ない普段と全然違ううみちゃんに怒られて、ことり、嬉しくて…私だけが知ってるうみちゃんが嬉しくて…」

海未「はぁ…やっぱりよくわからないのですが…」

ことり「だからもう1回やってほしいの!」

海未「…はい?」

ことり「もう1回!」

海未「はい???」

 

29: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:30:32.05 ID:G5DRJzrP.net
ことり「おねがぁい!」ギュッ

 

海未「だ、抱きついても怒りませんよ!?ことりは何も悪い事してませんし!」アワアワ

ことり「…だったら…」スッ

海未「…だ、だから…そんなに強く抱き締めても…あっ」

ことり「うみちゃん、この服後ろで結んでるんだね…知ってた?ここを解くと緩んですぐ脱げるようになるの」スーッ

海未「なっ、ことり、やめてください!」

ことり「やだ、うみちゃん怒ってくれないとやめない」

海未「…こ、ことり!やめなさい!」

ことり「うっ…だ、だめ!!まだ怒ってない!!」スルスル

海未「……こ、この…ことり…!!」

ことり「…あっ、うみちゃ」

海未「…やめろ!!!」グワッ

ことり「んはぁうっ////」ゾクゾクゾク

海未「はぁ…はぁ…ことりは破廉恥です!反省して……こ、ことり?」

ことり「……ぁ…う、うみ…ちゃ…//」ビクッビクッ

 

30: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:36:50.53 ID:G5DRJzrP.net
ことり「…んへ…えへへ…//」ダラン

 

海未「こ、ことり!!大丈夫ですか!!その、泣きながら、お、おしっこ漏らしてますけど!!!」アワアワ

ことり「…うみひゃあ…//」ギュッ

海未「ことり!!その、今抱きつかれても困りますって!!ことり!!!ことりいいぃぃぃぃいい!!!」

ーーー
ーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

穂乃果「……」

海未「…という事がありまして、それから月に何度か家に来ては私に怒って欲しいと無茶振りをしてきて…もう慣れましたけど」

穂乃果「………」

海未「最初のうちは、その、おしっこを漏らしてですね…私に寄りかかりながらヨダレを垂らしてボーッとしてたんですが…最近は凄く強く抱き締めて泣きながらありがとう、と」

穂乃果「………」

海未「抱き締められると苦しくて…ことりってあんなに力が強いんだなぁと感心します…穂乃果?聞いてますか?」

穂乃果「…あ、あぁ!ごめんね!寝てた!今日は帰るね!!!」ダッ

海未「えぇ!?穂乃果!?穂乃果ーっ!!」

穂乃果(ことりちゃんなんて事してるの!?////海未ちゃんもなんで気付かないの!?/////意味わかんないよぉ!!!////)

 

31: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:40:44.74 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ことり「…えへへ、それから海未ちゃんにたまに手伝って貰ってるんだぁ//」

絵里「……えっ」

希「……」

にこ「」

ことり「そ、そうだよね!//こんな話ドン引きされて当然だよ!!でも話さないといけないって感じだったしことり悪くないよ!ね!?///」

絵里「……えっと、ことり、昨日泣いて固まってたのは…」

ことり「あっ…//あの、急だったから心の準備ができてなくて…//」

絵里「……というと」

ことり「全力でガマンしてたの、おしっこ//」

絵里「」

にこ「」

希「…イったん?」

ことり「イッちゃった//」ポッ

希「」

ことり「もう~!//皆何言わせるの!ばか!//」クネクネ

3年(((…は?)))

 

32: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:45:27.03 ID:G5DRJzrP.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翌日

 

ことり「うん!これでいいと思う!」

海未「えぇ、よくできています。ことり、お疲れ様でした。」

ことり「えへへ、ありがと!穂乃果ちゃんはどう思う?」ニコッ

穂乃果「あ、はい!?//な、なに!?//」ビクッ

ことり「…穂乃果ちゃん?大丈夫?」

海未「穂乃果?具合が悪いなら保健室に…」

穂乃果「だだだだ大丈夫だよ!////」カアァ

穂乃果(ダメだぁ、どうしてもことりちゃんが海未ちゃんにダランって寄りかかって悶絶してる絵が思い浮かぶ…//)

絵里「穂乃果、ちゃんと感想言ってあげなきゃダメよ?」

希「そうやでー?穂乃果ちゃんはリーダーなんやから…おっ、ことりちゃん頑張ったんやねぇ」

にこ「にこの衣装はどう!?どんな感じ!?」

ことり「ありがとう!にこちゃんのはねぇ~」ゴソゴソ

 

33: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:48:50.43 ID:G5DRJzrP.net
穂乃果「ちょ、ちょっと!絵里ちゃん希ちゃん!」テマネキ

 

絵里「…なによ」

穂乃果「なんとも思わない!?あの2人が一緒にいると…わ、私…考えちゃうんだけど!!//」

希「あはは…」

絵里「ふふん!穂乃果はまだ子供ね!私達くらいになるとそのくらい…そ、そのくらい……///」

希「…えりちは考えんように思考をカットしてるんよ、痩せ我慢みたいなもんやね」

絵里「ちちち違うわよ!!!///」

穂乃果「なんだ…てっきり絵里ちゃんは慣れてるのかと思ったよ」

希「あれぇ?もしかしてそうやったん?えりち~」グリグリ

絵里「バカ!!!違うってばあ!!!」プンスカ

希「ふふっ、穂乃果ちゃん、にこっち見てみ?」

穂乃果「え?」

 

34: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:52:53.57 ID:G5DRJzrP.net
にこ「…いいじゃない!完璧ね!」

 

海未「えぇ、にこに似合うと思います」ヒョコッ

にこ「そっ…そうね!オホホホ!」

ことり「おほほほ?」ヒョコッ

にこ「ちょっと!!にこの視界に無理やり入り込むのやめなさいよぉ!!」

海未「えぇ?」

穂乃果「…あれは…」

希「2人が同時に視界に入ると嫌でも思い浮かぶから、どっちかだけを視界に留めようとしてるんやね」

穂乃果「だからさっきから視線が泳いでたんだ…希ちゃんは?」

希「へっ?うちは平気やで?」

穂乃果「えぇ!凄いね!」

絵里「嘘よ穂乃果、希ったら昨日電話かけてきて一晩中「2人はあんな事こんな事したようなもんやん!きゃー!」って騒いでたんだから」

希「なっ///」

穂乃果「乙女だねぇ」ニヤニヤ

絵里「そうねぇ」ニヤニヤ

希「なっ、2人には言われたくない!!//」

 

36: 名無しで叶える物語 2019/10/08(火) 02:56:11.58 ID:G5DRJzrP.net
穂乃果「…でもそろそろ気持ち切り替えていかないと…ラブライブも近いんだし!」

 

絵里「そうね、幸い1年生達は知らないんだし…私たちが気分を入れ替えるだけよ」

希「うん、シャキッとせんとなぁ」

にこ「そうよ!!気合い入れていくわよーっ!!」

4人「「「おーっ!!」」」

海未「…そういえばことり、今日この後なんですが」

ことり「今日はそのまま海未ちゃんのおうちに行こうかなっ!」

海未「…もう、スカートの替え持って来てないんですから…着替えてきてください」

ことり「もっ、もうお漏らししないもん!!//」

4人「」

おわり

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570463807/

タイトルで不穏かと身構えていましたが、ときどきいる少し危ないことうみでした。
正直好きです。