鞠莉「あの日のキスの理由」

かなまり, ようちかりこ, ラブライブ!サンシャイン!!

1: |c||´.-`|| 本編と時系列が違う部分はお許しを… 2019/10/02(水) 21:59:49.88 ID:WvNWcPVV.net
ラブライブ決勝当日、会場内…

 

鞠莉『…』

鞠莉『ふぅ…いよいよね、ラブライブの決勝…』

鞠莉『私たちがやってきた全てが今日、決まるのね…』

鞠莉『…』ガクガク

鞠莉(あはは…なんだか足が震えてきちゃったわ…)

果南『…ん?鞠莉?』

鞠莉『あ、果南…』

果南『もうすぐ出番だよ。こんな会場の隅っこでどうしたのさ?』

鞠莉『…何だか震えてきたの。前みたいに私が怪我して失敗するかもって思ったら…』

鞠莉『ステージに立つのが怖くなっちゃって…』

果南『そんなの鞠莉らしくないよ。絶対に大丈夫だって』

鞠莉『だけど…もしもの事があったら…』

果南『…』

3: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:07:49.88 ID:WvNWcPVV.net
果南『…鞠莉、おいで』グイッ

 

鞠莉『…えっ?ちょっと果南…』

チュッ

鞠莉『!?!?』

果南『ん…どう?これで少し安心した?』

鞠莉『か、かな…!い、今キスして…!///』カァアアア

果南『ホラ行くよ鞠莉!私たちの最高のステージを見せてあげよう!』

鞠莉『う、うん…!わかった!///』

果南『…』

果南『…本当に…最高のステージを…』グッ

ーーーー
ーー

 

4: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:10:25.21 ID:WvNWcPVV.net
数日後、鞠莉の部屋…

 

鞠莉「…と、いうことがあり見事に私たちはラブライブ優勝できましたとさ!///」

鞠莉「ウフフ…かなぁん…///」ニター

ダイヤ「…(引きつった顔)」ヒク

鞠莉「どうしたのダイヤ、顔がヒクヒクしてるケド?」

ダイヤ「かーーーっ!甘ったるいですわね!」

ダイヤ「そんなノロケ話を聞かせるために、わざわざ家まで呼んだんですの!?」

 

5: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:11:28.08 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「な、なによー!そんな言い方しなくてもいいデショ!」プンプン

 

ダイヤ「どうせこの後も恋人同士のイチャラブ話をするのは目に見えてますわっ!」

鞠莉「ん?いやいや」

鞠莉「私と果南はまだ付き合ってないわよ?」

ダイヤ「…」

ダイヤ「…はい?」キョトン

 

6: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:12:11.08 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「まあ~?これから私が告白とかしたらどうなるか分からないケド~?」

 

鞠莉「キャーキャー!///」バシッバシッ

ダイヤ「痛った!背中を叩くんじゃありません!」

ダイヤ「だってキスしたのでしょう!そこから先、何の進展も無かったというのですか!?」

鞠莉「ウン、いつも通りだよ?」

ダイヤ(な、何ということでしょう…今時の子はキスしても付き合わないのですか…)

ダイヤ(いや、わたくしも今時の子ですけど…)

鞠莉「まあ、その“いつも通り”ってのが悩みなんだけどね…」

ダイヤ「…と言うと?」

 

7: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:14:23.31 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「ンー、果南の様子がいつもと変わらなすぎるのよ」

 

ダイヤ「ふむ…確かにそうですわね。わたくしの目から見ても普通ですわ」

ダイヤ「果南さんからキスしてきたのならば、何かしら変化がありそうですが…」

鞠莉「でしょ!?絶対に私のことが好きだからキスしたって思うじゃない!」

鞠莉「もしかして他のメンバーにも気安くキスしてるんじゃないかしら…!?」

鞠莉「ノー!そんなの我慢できまセーン!」バシッバシッ

ダイヤ「痛った!ちょっと!落ち着きなさい!」

 

8: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:15:23.61 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「ハァハァ…果南の気持ちが読めないから何だか不安になって…」

 

鞠莉「だからその…ダイヤには探りを入れて欲しいのよ」

ダイヤ「わたくしが?果南さんにですか?」

鞠莉「うん…ダメ?私が直接聞いたら変に思われそうだし」

鞠莉「どんな思いで私にキスしたのか知りたくて…」

ダイヤ「…」

ダイヤ「…仕方ありませんね。大切な友達のためですわ」クス

鞠莉「ホント!シャイニー!ダイヤ、大好きよー!」ギュッ

鞠莉「んー!愛してるわー!」チュッチュッ

ダイヤ「こ、こら!頬にキスするんじゃありません!///」

ダイヤ(もうっ!あなたも簡単にキスしてるではありませんかー!///)カァアアア

 

9: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:16:10.16 ID:WvNWcPVV.net
次の日、浦の星女学院の放課後…

 

ダイヤ(さて、果南さんにどう探りを入れましょうか…?)

ダイヤ(そもそも彼女はハグ魔ですからね。キスもスキンシップの一つかも…)

果南「やっほーダイヤ!考えごと?」ハグッ

ダイヤ「っっっあああいっ!?///」ビクッ

果南「ええっ!叫んでどうしたの!?」ビクッ

ダイヤ「お、思ってるそばからハグするんじゃありません!ビックリするではないですか!///」ドキドキ

果南「? 変なダイヤだなあ」

果南「それよりボーっとしてどうしたの?」

 

10: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:17:14.43 ID:WvNWcPVV.net
ダイヤ(う…困りましたね、まだ聞き出す作戦を考えてませんわ)

 

ダイヤ(いっそのことストレートに聞いた方がいいかもしれません)

果南「おーいダイヤ?聞いてるー?」

ダイヤ「あっ、えっと、そのっ…!」

ダイヤ「か、果南さんっ!」ズイッ

果南「は、はいっ?」

ダイヤ(い、いざキスのことを聞くとなると恥ずかしくなってきましたわ…)

ダイヤ(いえ!きちんと“あなたにとってキスをするのはどんな時です?”と聞かなければ!)

 

11: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:17:51.43 ID:WvNWcPVV.net
果南「ちょっとー、顔が近いよ?一体どうしたのさ?」

 

ダイヤ「あの…」

ダイヤ「あ、あなた(に)と(って)キスをするの(はどんな時)です!」

果南「…」

果南「…あなたとキスをするのです??」

ダイヤ「…」

ダイヤ「し…」

ダイヤ(しまったあああああ!緊張して噛みっ噛みになりましたわ!?)ガーン

果南「…」

 

12: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:18:15.98 ID:WvNWcPVV.net
果南「ダイヤさぁ…」

 

ダイヤ「は、はいっ!?」

果南「何があったか知らないけど、簡単にキスするとか言うもんじゃないよ」

ダイヤ「い、いえ…そういう事ではなくてですね…」アセアセ

果南「なんだか様子が変だね。体調悪いなら保健室で休みなよ?」

ダイヤ「は、はぁ…」

ダイヤ(マズいですわ…誤解されてますわね…)

 

13: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:18:48.71 ID:WvNWcPVV.net
放課後、部室…

 

千歌「おー…!ふむふむ…!」ペラッ

曜「千歌ちゃん、なに読んでるの?」

千歌「いつもチカが買ってるファッション誌!なんと今月は“キス特集”が書いてあるのだ!」ジャーン

ダイヤ「…ふむ、千歌さんもそういった特集を読むのですね」

曜「わぁ…キスの上手なやり方からシチュエーションまで載ってるよ…///」

曜「わ、わわわ…舌まで入れてる…!ダイタンだなぁ…///」カァアアア

梨子(ピュアな曜ちゃん可愛い)

 

14: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:19:24.96 ID:WvNWcPVV.net
千歌「なになに?“あなたがキスしたくなるのはどんな時?”だって!」

 

ダイヤ「…!」ピクッ

果南「ふぅん、キスしたくなる時かぁ…」

曜「そんなの考えたこともなかったなぁ」

千歌「前はよく曜ちゃんとチュー!したよね!」

曜「そ、それは小さい頃の話でしょ!///」カァアアア

梨子(ピュアピュアな曜ちゃん可愛い)

 

15: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:19:51.72 ID:WvNWcPVV.net
ダイヤ「…あの、ちなみに果南さんはどんな時にキスしたくなりますか?」

 

梨子「えっ?いきなり果南さんに振るんですか?」

果南「ん?私かぁ、そうだなあ…」

千歌「聞きたい聞きたーい!」

曜「私も私もー!」

梨子(わ、私も聞いてみたい…!)

果南「…」

果南「…大切な人が遠くに行っちゃう時かな」

ダイヤ「えっ…」

 

16: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:20:36.39 ID:WvNWcPVV.net
果南「…なーんてね!まだ分からないよ。誰かと付き合ったこともないし」

 

千歌「そっかあ。チカもいつか好きな人とキスする時がくるのかなぁ」

曜・梨子「…」

梨子「…千歌ちゃん」

千歌「ん?」

梨子「いつかと言わなくても、いま私がしてあげてもいいよ?」

千歌「ほぇ?」

 

17: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:21:45.87 ID:WvNWcPVV.net
曜「ず、ズルイよ梨子ちゃん!私だって千歌ちゃんとキスしたい!」

 

千歌「ふ、2人とも?目が血走っているのだ…?」

梨子「ほら千歌ちゃん動かないで!///」ガシッ

曜「この雑誌みたいなキスをするでありまーす!///」ガシッ

千歌「のわーーっ!やめるのだーーー!///」

ダイヤ「こ、こら!曜さん、梨子さん!千歌さんが困っているでしょう!」

ワー!ワー!

果南「あははは…」

果南「はは…」

ダイヤ(果南さん…?)

 

18: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:23:09.69 ID:WvNWcPVV.net
3年生の教室…

 

鞠莉「どうダイヤ?果南から何か聞き出せた?」

ダイヤ「いえ…具体的なことは何も」

鞠莉「そっかあ。残念デース!」

ダイヤ「…しかし果南さんが気になることを言っていました」

ダイヤ「キスしたくなるのは“大切な人が遠くに行っちゃう時”だと」

鞠莉「えっ…?」

ダイヤ「…鞠莉さん、何かみんなに言ってないことがあるのでは?」

鞠莉「そ、それは…」アセアセ

果南「…そういう事だったんだね」スッ

ダイヤ「! 果南さん!」

 

19: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:25:00.14 ID:WvNWcPVV.net
果南「ダイヤがキスのことを聞きたがってたみたいだからさ。何か変だと思ったんだ」

 

果南「鞠莉、いまダイヤが言った通りだよ」

鞠莉「…」

果南「私が鞠莉にキスをしたのは…絶対にライブを成功させたかったから…」

果南「遠くに行っちゃう大好きな人に…私の気持ちを伝えたかったから…」

鞠莉「…」

鞠莉「…知ってたんだね、果南」

ダイヤ「どういうこと…ですか?」

 

20: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:25:53.67 ID:WvNWcPVV.net
果南「前に理事長室の近くで聞いたんだ。鞠莉がお父さんと電話しているとこ…」

 

果南「卒業したら…イタリアの大学に行くって」

ダイヤ「イタリア…?本当なんですの!?」

鞠莉「…うん、本当だよ。まだみんなには言い出せなかったケド」

ダイヤ「そんな…」

果南「…鞠莉!」

果南「なんで…なんでもっと早く言ってくれなかったの!」

鞠莉「果南…」

果南「ずっと普通を装っていたけど…もう無理だよ…」

果南「私は…大好きな鞠莉と離れたくないよ…!」ギュッ

 

21: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:26:38.73 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「ごめんね…果南には真っ先に言っておくべきだったよね」ギュッ

 

鞠莉「私も果南と離れたくなかったから、なかなか言い出せなくなって…」

果南「…」

果南「…でも今は鞠莉の旅立ちを応援することに決めたんだ」

果南「鞠莉もダイヤも私も…」

果南「みんなで笑って未来に進むために…!」

鞠莉「果南…!」

果南「だから…鞠莉を笑顔で送り出さなきゃね!」

鞠莉「うん、ありがとう果南…」グス

 

22: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:28:26.17 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「…ねぇ、一つお願いがあるんだけど」

 

果南「…ん?どうしたの?」

鞠莉「今度は…私からキスしてもいいかしら?」

果南「…うん」

鞠莉「ん…」チュッ

果南「ん…」

果南(…鞠莉の柔らかい唇)

果南(千歌の雑誌みたいに舌を入れるとかそんなんじゃない。唇を当てるだけの、ただ普通のキス…)

果南(でもきっと…このキスが私の人生で一番のキスになるだろう…)

 

23: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:29:08.31 ID:WvNWcPVV.net
ダイヤ「…」

 

鞠莉「…ん?」チラッ

鞠莉「ああっ!ダイヤがいたの忘れてたわ!」アセアセ

果南「ご、ごめん!何だか2人だけのムードになっちゃって!」アセアセ

ダイヤ「…」

ダイヤ「う…」

ダイヤ「う゛わああああああああん!」ビエー

鞠莉・果南「「号泣!?」」ビクッ

 

24: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:29:48.19 ID:WvNWcPVV.net
ダイヤ「グスッ…よかったですわ…!お2人の想いが伝わって…!」グスグス

 

果南「もー泣かないの。ホラ、このティッシュに鼻チーンして」スッ

ダイヤ「ううっ…グス、ありがとうございます…」チーン

鞠莉「私がイタリアに行くまで…ううん、これからもずっと果南といたいな」

果南「うん、私もだよ。頑張ってお金貯めて会いに行かなきゃね」

ダイヤ「明日、みんなにも鞠莉さんの件を報告しましょう」

ダイヤ「驚くと思いますが、あの子たちなら…Aqoursならきっと乗り越えられますわ」

鞠莉「うんっ!そうだね!」

 

25: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:30:46.91 ID:WvNWcPVV.net
鞠莉「…さて、私と果南のことはいいとして」

 

ダイヤ「ん?」

果南「ダイヤも卒業前にさ、“あの子”に想いを伝えた方がいいんじゃない?」

ダイヤ「…」

ダイヤ「!?!?!?」

ダイヤ「な、な、何のことを言ってるのですか!?」アセアセ

鞠莉「ダイヤがあの子のことを好きなのはお見通しデース♪」

果南「隠してるつもりかもしれないけどバレバレだよ?」

鞠莉・果南「「ねー?」」

ダイヤ「そ、そんなバカな…!」

果南「ねぇねぇ、ダイヤはあの子とどんなキスをしたいのさ?」クス

鞠莉「ホラホラ♪マリーさんたちに教えなサーイ!」クス

ダイヤ「う、うぅ…///」カァアアア

ダイヤ「もうっ!わたくしのことはいいじゃないですかーーー!///」

おわり

 

26: 名無しで叶える物語 2019/10/02(水) 22:31:09.73 ID:WvNWcPVV.net
|c||´.-`|| おわり。わたくしが好きな人はご想像にお任せします。また別の機会にでも。

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570021189/

かなまりっていいですよね。
ところで、ダイヤさんの好きな人は誰なのでしょう。私、気になります。