善子「帰り道、>>3を見かけた」

ラブライブ!サンシャイン!!, 安価

2: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:09:46.12 ID:zwpC33c1.net
オナホール
3: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:10:04.84 ID:mvBy/zUw.net
チュパカブラ
4: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:15:05.63 ID:Ow9OSfcz.net
また難解なネタをぶっこんだな
5: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:16:33.47 ID:qShATSLf.net
保守するから頑張れ
6: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:17:57.66 ID:z0oTlDwy.net
話は聞かせてもらった地球は狙われている!
7: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:21:42.85 ID:vzDadIWj.net
~1年教室~

花丸「うぅ~。今日も暑いずら~」グデーン

ルビィ「そうだね~」グデーン

花丸「善子ちゃん、まだ来ないね~」

ルビィ「そうだね~」

ガラガラッ、ピシャーン!

善子「ルビィ! ずら丸!」

ルビィ「あ、善子ちゃんおはよ~」

花丸「おはよ~。なんだかやけに元気ずらね」

善子「そりゃ元気にもなるわよ! なんたって見ちゃったんだもの!」

ルビィ「見ちゃった?」

花丸「なにを?」

善子「チュパカブラよ!」

ルビまる「「チュパカブラ?」」

8: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:25:08.86 ID:vzDadIWj.net
善子「スゴくない!? ねえ、スゴくない!?」

ルビィ「ん~と……」

善子「まさかこの目で見てしまうだなんて! ヨハネってばUMAも呼び寄せてしまうのね!」

花丸「ねえねえ善子ちゃん」

善子「ああ、そうよね。詳しい話が聞きたいわよね」

花丸「いや、ちゅぱかぶらってなんずら?」

善子「はぁ~~~~~!?」

ルビィ「うゆ。ルビィも分かんないや」

善子「えぇ……!?」

9: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:35:33.25 ID:vzDadIWj.net
善子「はあ、じゃあチュパカブラの説明からしてあげるわ」

ルビィ「ごめんね。ルビィあんまりそうゆうの詳しくなくて」

善子「まあ、チュパカブラっていうのはUMAの一種でね」

花丸「UMAってなんずら?」

善子「Unidentified Mysterious Animalの略。未確認動物のことよ」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「あんあいでんてぃふぃーど、ってなんずら?」

善子「未確認の、って言う意味の英語よ」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「じゃあ、みすてりあすってなんずら?」

善子「神秘的、とかそういう意味よ」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「じゃあ、あにまるってなんずら?」

善子「それは……」

ルビィ「動物さんのことだよ!」

花丸「すごいずら!」

10: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:41:12.82 ID:vzDadIWj.net
善子「とにかく、Unidentified Mysterious Animal。それぞれの頭文字U,M,Aを取ってユーマって読むの」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「異議あり! U,M,Aのローマ字読みはウマずら!」

ルビィ「ホントだ! 花丸ちゃんしゅごい!」

善子「それだと馬と混同しちゃうでしょ?」

花丸「なるほど。ちなみに馬ってなんずら?」

善子「有蹄類の一種で、地上を素早く走る生き物よ」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「有蹄類ってなんずら?」

善子「足にヒヅメがある生き物の総称よ。牛とかがメジャーよね」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「なるほど~勉強になったずら」

善子「疲れた……」

ルビィ「ん~と、それで何の話だったっけ?」

善子「……あれ?」

11: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:45:34.78 ID:vzDadIWj.net
花丸「ルビィちゃん。牛さんのお話だよ」

ルビィ「そうだった! 善子ちゃん、牛さんのお話してくれてありがとう!」

善子「違うから! 牛の話なんてしてない!」

花丸「でも最後は牛さんの話だったずら!」

善子「最後たまたまそうなっただけでしょ!?」

ルビィ「うゆ?」

善子「うぅ、何の話だったんだっけ……?」

花丸「善子ちゃん、最後に牛さんに話がつながったってことは、牛さんから話題を連想していけば元の話に戻れるずら!」

ルビィ「花丸ちゃんしゅごい!」

花丸「えっへん!」

善子「えぇ~? それ、本当にできるの?」

花丸「そうでもしないと善子ちゃんの本当にしたかった話に辿り着けないよ?」

善子「ま、まあとりあえずやってみるわね?」

花丸「ずら!」

12: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:51:16.83 ID:vzDadIWj.net
善子「牛……? 牛と言えば、牛乳?」

花丸「牛乳といったらソフトクリームずら!」

ルビィ「ソフトクリームといったら冷たい!」

善子「冷たいと言ったら……マジカルバナナしないで!?」

ルビまる「「えぇ~?」」

善子「それを許したら話があらぬ方向に行っちゃうでしょ!?」

花丸「それもそうずらね」

ルビィ「ごめんね善子ちゃん」

善子「ったく……」

花丸「じゃあ善子ちゃん1人で『冷たい』から連想して?」

善子「違うから! 牛でしょ牛!」

ルビィ「冷たい牛さん?」

善子「それも違う~!」

13: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:56:25.25 ID:vzDadIWj.net
善子「何よ冷たい牛って。ちょっと不気味でしょ?」

花丸「不気味?」

善子「死んでるみたいじゃない」

ルビィ「ぴぎっ!?」

善子「血の気が引いて……血の気?」

花丸「善子ちゃん?」

善子「牛の血、吸われて……」

ルビィ「どうしたの?」

善子「思い出した! チュパカブラよ! 牛の血を吸う化け物!」

ルビまる「「おぉ~!」」

善子「チュパカブラの話をするつもりだったの!」

花丸「なるほど!」

ルビィ「善子ちゃんしゅごい!」

善子「ふふーん!」

花丸「善子ちゃん、ちゅぱかぶらってなんずら?」

善子「チュパカブラはUMAの一種よ」

花丸「UMAってなんずら?」

善子「Unidentified Mysterious Animalの略。未確認動物のことよ」

ルビィ「しゅごい!」

花丸「あんあいでんてぃふぃーどって……」

14: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:56:52.86 ID:vzDadIWj.net
チュパカブラ編おしまい

別安価出してもう少し続けてみます

15: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:57:45.49 ID:vzDadIWj.net
善子「別の日の帰り道、>>17を見かけた」
16: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:59:10.16 ID:SfOExgLn.net
みかん
17: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 08:59:18.58 ID:z0oTlDwy.net
/cV^_V^V(^8^)リ`^ヮ^) こいつら
19: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:10:09.33 ID:vzDadIWj.net
善子「はぁ~、今日も練習疲れた~」

善子「まさか毎日ダンスや歌の練習をするようになるなんて、浦女に入る前は考えもしなかったわね」

善子「早く家に帰って寝転びたーい!」

/cV^_V^V (^8^) リ`^ヮ^) ワイワイワイ

善子「ん?」

シーーーーーーン

善子「なにか今居たような……」

シーーーーーーン

善子「……気のせいか。さっさと帰ろーっと」スタスタスタ

──
────
──────
/cV^_V^V (^8^) リ`^ヮ^) ワイワイワイ

20: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:10:38.56 ID:vzDadIWj.net
/cV^_V^V (^8^) リ`^ヮ^)編おしまい

捌けないときは流すよね

21: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:11:15.81 ID:vzDadIWj.net
善子「また別の日の帰り道、>>24を見かけた」
22: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:12:31.13 ID:LQxlH3rc.net
鞠莉の下半身
24: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:13:38.73 ID:Ow9OSfcz.net
泣いてるルビィちゃん
25: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:24:09.90 ID:vzDadIWj.net
善子「……」テクテク

善子「……くくく」

善子「夕暮れの川沿いを歩くヨハネ……絵になる!」

ルビィ「うっ、うぅ……」グスッ

善子「え……? あれはルビィ?」

ルビィ「うぅ、ひっく……」グスッ

善子「ちょ、ちょっとルビィ?」タタタッ

ルビィ「ふぇ?」

善子「どうしたの? その、泣いてたみたいだけど」

ルビィ「あ、見られたんだ」

善子「ごめんね。声かけない方がいいかもって思ったんだけど、居ても立ってもいられなくて」

ルビィ「ありがとう。優しいんだね」

26: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 09:45:08.52 ID:vzDadIWj.net
善子「その、何があったの? ヨハネでよかったら話聞くけど?」

ルビィ「ヨハネ?」

善子「まあ、そっちが嫌だったら無理に話すことないけど」

ルビィ「ううん。見られちゃったんだんだし、聞いてもらおうかな」

善子「そ、そう?」

ルビィ「どこから話そうかな。お姉ちゃんのことだし」

善子「ああ、やっぱりそこ関連なのね」

ルビィ「お姉ちゃんとは、ちっちゃい頃からずっと仲良くしてたんだ」

ルビィ「お姉ちゃん達は離れに住んでたから、たまにしか会えなかったんだけど、遊びに行ったらいつも楽しく遊んでくれたの」

善子「……え?」

ルビィ「でもね……離ればなれになっちゃったの」

善子「……は?」

ルビィ「幼稚園に上がる前にね、お家の前に知らない人たちがいっぱい来たの」

善子「ちょっと……」

ルビィ「いっぱいカメラとかマイクとか持って押し寄せてきてね」

ルビィ「お父さんがどこかに電話して、カメラを持った人たちを追い払って、その次の日だよね」

ルビィ「お姉ちゃんと、お姉ちゃんのお母さんが家から居なくなったのは」

28: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 10:04:10.38 ID:vzDadIWj.net
善子「お姉ちゃんのお母さんってどういう……」

ルビィ「お母さんとお姉ちゃんのお母さんは違う人だからお姉ちゃんお母さんだよ」

善子「はぁ?」

ルビィ?「お母さんが2人だったからなのかな」

善子「何言ってるの?」

ルビィ?「カメラの人たちも『お母さんが2人居る!』って言いに来たのかな」

善子「やめてよ」

ルビィ?「お父さんもお母さんが2人だって知られたくないからお姉ちゃんとお姉ちゃんのお母さんをお家から出したのかな」

善子「ちょっとルビィ!」

ルビィ?「ルビィ? そっか、そうだよね。私がルビィなんだよね」

善子「はあ?」

ルビィ?「長女がダイヤ、次女はルビィだもんね。繰り上がったんだった」

善子「繰り上がった?」

ルビィ?「私たちは生まれる月まで合わせたのにね。意味なかったんだ」

善子「ルビィ!」

ルビィ?「違うよ。ホントのルビィは私じゃない。ルビィだったのは……」

曜「善子ちゃ~ん!」

善子「ふぇっ!?」

29: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 10:04:42.45 ID:vzDadIWj.net
曜「善子ちゃんてばまだ家に帰ってなかったの~?」

善子「曜、どうしてここに?」

善子「も~、一緒のバスで帰ったでしょー?」

善子「そうだけど」

曜「私は降りた後ダッシュで家に帰って、今は河川敷ランニングだよ!」

善子「そ、そう」

曜「善子ちゃんこそ何してたの? こんなとこで1人で」

善子「1人? いやルビィと……」クルッ

善子「いない……」

曜「ルビィちゃん?」

善子「さっきまでルビィと話してたのに……」

曜「いやいやいや、そんなわけないじゃん!」

善子「な、なんで?」

曜「私たちは練習終わりに終バスで帰ってきたんだよ? ルビィちゃんは別方向に歩いて帰ったんだし、すぐにここに来れるわけないじゃん」

善子「そ、そうよね……」

曜「それ、ホントにルビィちゃんだったの? どこかの誰かと間違えたんじゃない?」

善子「そんなこと……」

曜「まあけっこう薄暗いし、見間違えたとか」

善子「そう……なのかしら」

30: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 10:06:25.66 ID:vzDadIWj.net
──
────
──────
黒澤父「っ……! この気配……!」

黒澤父「まだルビィを求めているのか……」

黒澤父「すまない、サファイア」

31: 名無しで叶える物語 2019/08/11(日) 10:06:59.81 ID:vzDadIWj.net
泣いてるルビィちゃん編おしまい

コミケ開場したしここでおしまいにします

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1565478294/