曜「千歌ちゃん…私の事…どう思ってる?///」あんちゃん「よーちゃんの事だーいすきだよ!」

ラブライブ!サンシャイン!!, 中の人, 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

1: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:02:12.48 ID:J41lBqxc.net
曜「ほ、ホントに!?///」

あんちゃん「うん!チカね!ずっとずっとずーーーーっと前から!曜ちゃんの事だーーーいすき!!!」

曜「ど、どの辺が好き!?」

あんちゃん「えっ…どの辺?いやその…突然言われたってよお。調べてねぇし」

曜「あぁーーーーー!!!良い所だったのに伊波さんに戻るのやめてよーーー!!!」

あんちゃん「ごめんごめんって!」

曜「受け答えなんて適当でいいから!!ずっと千歌ちゃんやっててよ!!!」

あんちゃん「わかったから落ち着いて!ね!!よーちゃん♡」

曜「はいであります!!!」

6: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:06:48.36 ID:J41lBqxc.net
曜「で!!私のどこが好きなの!?」

あんちゃん「えっ?あー…その…元気な所かな!!」

曜「千歌ちゃんホントに!?」

あんちゃん「うん!曜ちゃんの元気な所、ずっと前からチカ助けられてるんだよ!!」

曜「具体的にどんな場面で!?」

あんちゃん「えぇっ…どんな場面って…」

曜「千歌ちゃんっ!!!怒」

あんちゃん「あぁ!チカね~!あのーあれだ!バク転の練習してた時、曜ちゃんの応援があったから成功出来たんだよ!」

曜「そ、それは嬉しいな~えへへー///」

あんちゃん「曜ちゃんはチカのどんな所が好きなの~?」

曜「全部!!!」

あんちゃん「えぇ…」

9: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:12:09.56 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「ぜ、全部かぁ~。ち、チカ嬉しいな!」

曜「ありがとう!!千歌ちゃんの顔も身体も声も性格も全部全部大好きなんだ!!」

あんちゃん「うんうん」

曜「私!千歌ちゃんへの愛なら誰にも負けないよ!」

あんちゃん「そんなに愛されて、チカ照れちゃうなぁ///」

曜「うわー!!千歌ちゃんその表情可愛い!」

あんちゃん「えへへー。じゃあチカからもまた質問していい?」

曜「うん!なんでも聞いて!!」

あんちゃん「よーちゃんの好きなゲームって何!?」

曜「えっ?ゲーム?うーん……FFとか!」

あんちゃん「っ」ピクッ

13: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:17:48.76 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「今なんつった?」

曜「FFだよ!ファイナルファンタジー!プレステとかで出てる!」

あんちゃん「あぁ!?」

曜「ひい!あ、あの伊波さん…千歌ちゃんになって!」

あんちゃん「……そーなんだ!よーちゃんそんな時代遅れなハードのゲームやってるんだね!」

曜「やだなー!千歌ちゃんから進めてきたんじゃーん」

あんちゃん「は?」

曜「あんちゃんに隠れてやるプレステは格別なのだ!ってめちゃくちゃ自慢してたじゃん~!!」

あんちゃん「隠してんの?ここに?」

曜「…はっ!しまった!」

あんちゃん「曜ちゃんもう終わりね。ちょっと探し物するから」

曜「あ、あの…」

あんちゃん「とりゃあ!!!」ブンッッッッッッッ

曜「ヨーソロ!!?」

15: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:22:15.41 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「ん?なんか四角い物体が」

曜「ひい!千歌ちゃんの部屋に回し蹴りしたら1発で見つかった!」

あんちゃん「ほおほおこれか。ゴキブリが」つPS4

曜「あわわわわわ」

あんちゃん「こういう時はゲームキューブの出番だな。角でこのゴキブリを…オラァ!!!」バキッッッッッ‼︎

曜「うわあ!ゲームキューブの角がPS4を貫いた!!」

あんちゃん「ふぅー。駆除出来たよー」

曜「あ、あの…伊波さん…?」

あんちゃん「何?」

曜「ま、また千歌ちゃんやって…」

あんちゃん「曜ちゃんそればっかりだね」

曜「だ、だって…伊波さんと二人っきりの時じゃないと千歌ちゃんに甘えられない…」

18: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:29:30.81 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「いいよ。スッキリしたし千歌ちゃんまたやるよ」

曜「やった!」

あんちゃん「その代わり、曜ちゃんにもやってほしいな」

曜「え?私が?」

あんちゃん「……しゅかで私に話しかけてよ///」

曜「えぇ?しゅかちゃんに?」

あんちゃん「曜ちゃんなら出来るでしょ!一緒に暮らしてるし口調だって大丈夫でしょ!」

曜「ま、まあ…」

あんちゃん「じゃあお願い!その後千歌ちゃんの声でどんなセリフでも言ってあげるから!」

曜「どんなセリフでも!?わかったしゅかちゃんやるであります!」

あんちゃん「やったぁ!…ねえしゅか~」

曜「ん?どしたのあんじゅー」

24: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:41:42.34 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「私の事好き?」

曜「え!?あんじゅの事?好きに決まってるじゃんよ!」

あんちゃん「ホント!?どこが好き!?」

曜「えーと…可愛いところ!」

あんちゃん「どこが可愛い!?」

曜「うーん…一生懸命なところ!」

あんちゃん「えぇー。そんな事無いってー」

曜「あんじゅは一生懸命リーダーやってくれてるよ!」

あんちゃん「ん~~~しゅかにそう言われると嬉しいよー!」ダキッ

曜「うおっ!ちょっとあんちゃん///抱きつくのは///」

あんちゃん「今はしゅぁ!!!」

曜「は、はい!あ、あんじゅ~恥ずかしいじゃねーかよー!」

あんちゃん「いいじゃんこういう時くらいさー」スリスリ

曜「あ、あんじゅー///」

29: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:51:58.93 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「しゅかとまた今度スプラトゥーンやりたいなー!」

曜「あぁースプラトゥーン?あれもいいけどウイイレ もいいよー!」

あんちゃん「あ?今なんつった?」

曜「えっ」

あんちゃん「ウイイレ?しゅかそんなんやってんの?」

曜「あ、あんじゅー?急に声のトーンがめっちゃ低くなったぞー?」

あんちゃん「いいから答えろよ!」バン‼︎

曜「ひいい!や、やってる…最近ハマってるよ」

あんちゃん「チッ。ハードは?」

曜「PS4だよ」

あんちゃん「あぁ!!?しゅかいつからそんなゴキブリを!!」

曜「千歌ちゃんに勧められてハマったんだよ!」

あんちゃん「は?」

32: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 20:58:44.91 ID:J41lBqxc.net
曜「千歌ちゃんとこないだ2人で遊んだ時にさー。PS4で遊んでたら面白くてさー!」

あんちゃん「ふーん。そっか千歌ちゃんにねー。ふーん」つゲームキューブ

曜「あ、あんじゅ!?両手にゲームキューブ2つ装備してどこへ行くの!?」

あんちゃん「ちょっと千歌ちゃんとしゅかのところ」

曜「や、やめなよー!あんじゅー!!」ガシッ

あんちゃん「うるせえ!!止めるなー!!!」

曜「千歌ちゃんは何も悪く無いって!ハマったあたしが悪いんだよ!」

あんちゃん「だからゲームキューブ2つ持って1個ずつ2人の頭にぶっ刺すんだよ!!」

曜「何コエー事言ってんの!?」

あんちゃん「離せーーー!!!」ブンッッッッッッッ

曜「ひい!!!」

38: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 21:03:57.29 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「待ってろよ。千歌ちゃんにしゅか」

あんちゃん「2人とも妊娠させてやるからな…!」

曜「待ってあんちゃん!!」

あんちゃん「あぁ!?」

曜「あ、逢田さんから電話だよ!」スッ

あんちゃん「え?…もしもしりこちゃん何?」

『あんちゃんwwwなんか怒ってるwww』

あんちゃん「別に怒ってないよ」

『ウソつけしーwww逢田さんウソつかれるの嫌いなんだけどwwwww』

あんちゃん「ご、ごめんりこちゃん。めちゃくちゃムカつく事があって」

『そういう時は逢田さんの卵焼き食えしwww』

あんちゃん「えぇっ!!♡」

40: 名無しで叶える物語 2019/07/30(火) 21:10:24.28 ID:J41lBqxc.net
あんちゃん「り、りこちゃんの卵焼き///」

『今から作って持って行くから待ってろよーwww』

あんちゃん「う、うん♡わかった♡」

『じゃあねw』

曜「ほお。なんとかなった…ありがとね。梨子ちゃん」ボソッ

梨子『もう。突然逢田さんのモノマネしろって言われてもさぁ』

曜「それにしては完璧だったよ?」

梨子『そう?あと咄嗟に卵焼きそっちに持って行くって言っちゃったんだけどどうしよう』

曜「私が適当に用意しておくよ」

梨子『ちゃんと誤魔化しといてね』

あんちゃん「卵焼き♡卵焼き♡」ウキウキ

曜「あんちゃんを静かにさせる時はりこちゃんの卵焼きだね!」

67: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 00:45:51.21 ID:LWHx9K8h.net
冷蔵庫ガラッ

曜「卵焼きは…。あ」

つセブンイレブンのたまごサンド

曜「後でこれ出せばいいか!」

あんちゃん「りっこちゃんの~たっまごっやき~♡」

曜「ねえ伊波さん!さっきしゅかちゃんやってあげたからまた千歌ちゃんやってよ!」

あんちゃん「ん?あぁ…卵焼き待ってる時間退屈だしいいよー」

曜「やった!じゃ、じゃあ…ちょっと際どいセリフ言ってほしいな…///」

あんちゃん「際どいって?」

曜「えっちなの///」

あんちゃん「はぁ!!?」

曜「さっきどんなセリフでも言ってくれるって言ったじゃん!!!(逆ギレ)」

あんちゃん「あぁ…しょうがないな…」

曜「やったぁ!!!じゃあ台本作ってあるから、これに書かれた通りに喋ってね!」サッ

あんちゃん「うわぁ…本格的…」

曜「じゃあ、スタートであります!」

68: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 00:52:58.80 ID:LWHx9K8h.net
曜「ち、千歌ちゃん…話って何?」

あんちゃん「よーちゃん…あのね…お願いがあるの///」

曜「何?///」

あんちゃん「あの…チカの事…殴って蹴って罵って欲しい///」

曜「えぇ!!?千歌ちゃん何言ってるの!!?」

あんちゃん「こういう事言うのおかしいよね///でも親友のよーちゃんにしか打ち明けられないし頼めないの///チカがど変態のドMだって事///」

曜「千歌ちゃん…」

あんちゃん「チカ…曜ちゃんの奴隷になりたい///踏んで欲しい!」

曜「千歌ちゃんが望む事なら…いいよ!私の奴隷にしてあげる!」

あんちゃん「やったぁ!!じゃ、じゃあ早速ドMなチカを///」

曜「こ、こうして欲しいんでしょ!!」ゲシッ ゲシッ

あんちゃん「ちょ!マジでやるなよ!」バッ

曜「あぁ…ごめん…」

69: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 00:58:35.38 ID:LWHx9K8h.net
あんちゃん「つーか何この台本…曜ちゃんそういう趣味があったの…?」

曜「い、いや~最近見たアニメにそういうのがあって…それで私と千歌ちゃんでやれたら面白いなーって思って」

あんちゃん「千歌ちゃんに同情するよ…」

曜「あのー…伊波さん続きいいですかね…」

あんちゃん「卵焼き食べてからでもいい?お腹空いちゃって」

曜「わかったであります!そろそろ来る頃かなー」スタタ

曜(冷蔵庫のたまごサンドを持って行って)

曜「あれ!逢田さん!卵焼き?あー!ありがとうございます!」

あんちゃん「え!りこちゃん来たの!?」ガタッ

曜「はい!今受け取りました!」

あんちゃん「やった!!」

曜「はい!どうぞ伊波さん!召し上がれ!」

セブンイレブンたまごサンド

あんちゃん「………………?」

70: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 01:05:20.30 ID:LWHx9K8h.net
バンッ‼︎‼︎

曜「ひい!!」

あんちゃん「今来たの、りこちゃんじゃないでしょ?」

曜「そ、それは…」

あんちゃん「そもそも誰も来てないな?インターホンとか聞こえなかったし」

曜「は、はい…」

あんちゃん「あとこれ、そこの冷蔵庫に入ってたたまごサンドだろ?こないだオールナイトニッポンのCMに釣られて買いに行ったぞ確か」

曜「は、はい…」

あんちゃん「曜ちゃんてめぇ!!!」

曜「ひいいいい!あ、逢田さんから!逢田さんから電話ですよ!!」サッ

あんちゃん「りこちゃんから?…もしもし」

『あんちゃんwwwwwまた怒ってるしーwwwww』

あんちゃん「……」

73: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 01:09:55.25 ID:LWHx9K8h.net
『ん?なんか言えよーwww逢田さん寂しいと死んじゃうしwww』

あんちゃん「梨子ちゃんだね」

『え?』

あんちゃん「りこちゃんじゃなくて梨子ちゃんでしょ。りこちゃんの真似した梨子ちゃんでしょ!!!」

曜「えぇ!!?」

『あ、逢田さんは逢田さんだよ!ね!あんちゃん!』

あんちゃん「りこちゃんはどんな状況だろうとヘラヘラを崩さない!!」

『しまったしwwwww』

あんちゃん「もう遅いよ」

梨子『あ、あの…すいません…桜内です…本当に騙してごめんなさい…』

あんちゃん「いいよ別に。本物のりこちゃんに代わってくれたら」

梨子『それが…本物の逢田さんは出掛けていて…』

75: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 01:16:33.63 ID:LWHx9K8h.net
ホテルオハラ

りきゃこ「あ、あいな…w」

鞠莉「んー?どしたのりかこー?」

りきゃこ「ソロデビューおめでとうだしw」

鞠莉「えぇ!!祝ってくれるのお!?ありがとおおおおおお!!!」

りきゃこ「ちょwww泣くなってwww」

鞠莉「だってだって!大好きなりかこが祝ってくれたんだよ!うえーーーーん!!」

りきゃこ「逢田さんもあいなちゃんの事大好きだしwww」

鞠莉「ワイもだよー!!!」

りきゃこ「ちょ、待って待って鞠莉ちゃんw」

鞠莉「ホワッツ?」

りきゃこ「あいなはそう言う時はワイとか言わないw」

鞠莉「あらー?そうだったかしら~」

78: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 01:22:59.54 ID:LWHx9K8h.net
りきゃこ「ちゃんと勉強しとけよーw一緒にいるんだろーwww」

鞠莉「そう言ったってね~。あいなとは最近会ってないのよ。私もイタリアでの勉強が忙しくから」

りきゃこ「はーwじゃあ鞠莉ちゃんに頼れるの声だけかよw」

鞠莉「そもそも!ソロデビューのお祝いなんて!あいな本人に直接言えばいい話デース!!」

りきゃこ「あいな本人に上手く伝える練習だからwww」

鞠莉「そういうのに練習は必要かしら?」

りきゃこ「あいなちゃんにシカトされないようにしたいwww」

鞠莉「はぁーわかったわかったわよ。気が済むまでどうぞ」

りきゃこ「占領www」

81: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 07:40:19.17 ID:LWHx9K8h.net
梨子「はぁ…参ったなあ」

梨子「伊波さん…今日中に逢田さん探して連れて来いだなんて…なんで私がそんな」

梨子「そもそもどこへ行くかくらい言ってから出掛けなさいよ逢田さんったら!」

ピンポーン

梨子「あ!もしかして帰ってきた?」ガチャ

あいにゃ「こ、こんにちは梨子ちゃん///」

梨子「あいなさん?」

あいにゃ「梨子ちゃんにどうしても頼みたいことがあって…りきゃこの声を演じてほしいの!」

梨子「えぇ!?」

83: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 07:44:42.89 ID:LWHx9K8h.net
あいにゃ「あの!りきゃこ!」

梨子「あいなちゃんwwwどしたのwww」

あいにゃ「りきゃこに伝えたい事があってね!私、ソロデビューが決定したの!!」

梨子「おめでとうwww」

あいにゃ「ありがとう!でね!いつかりきゃこと2人でステージの上で歌えたらいいなーって思うんだ!」

梨子「ふーんwww」

あいにゃ「もしそれが叶ったら…一緒に歌ってくれますか!?」

梨子「考えとくwww」

あいにゃ「そ、そんな…酷いよりきゃこ!」

85: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 07:50:32.85 ID:LWHx9K8h.net
梨子「はぁー?逢田さん別に酷いこと言ってませんーwww」

あいにゃ「りきゃこは…私の事嫌いなの…?」

梨子「うーんwww少しw」

あいにゃ「す、少し…」

梨子「かわい子ぶってる所とかwww」

あいにゃ「そんな事してないよぉ~!」

梨子「そういう喋り方とかwww男誘ってんのかよーって感じwww」

あいにゃ「りきゃこにはそう見えるんだね。じゃあ私からも言わせてもらうから」

梨子「何www」

あいにゃ 「そういうヘラヘラしたところ大嫌いだった」

梨子「あ、あいな…wwwww」

88: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 07:55:54.53 ID:LWHx9K8h.net
あいにゃ「ホント見ててムカつく。今日言えてスッキリしたわ」

梨子「wwwww」

あいにゃ「ねえ。何ニヤニヤしてんの?それにムカつくって言ったよね?逢田さん」

梨子「ご、ごめんなさい…」

あいにゃ「チッ。二度と私に近付かないで」

梨子「や、やだ!あいなちゃんとまだ仲良くしたいし!」

あいにゃ「私は嫌だ。ウザいからとっとと消えて」

梨子「ガーーーーンwww」

あいにゃ「またそうやってヘラヘラする。じゃあね逢田さん。今までありがとうございました」

梨子「逢田さん引きこもるしwww」

あいにゃ「……よし!ありがとう梨子ちゃん!良かったよ~!」

梨子「いや良くないでしょ!!後半から絶対展開おかしいですよこれ!?」

92: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 08:36:52.47 ID:LWHx9K8h.net
あいにゃ「えぇー?わりといつもこんな感じだよー」

梨子「大丈夫かなあこのグループ…」

あいにゃ「ありがとねー梨子ちゃん!これで今からりきゃこに会う時緊張しないで話せそう!」

梨子「あ。逢田さんにこれから会うんですか?」

あいにゃ「うん!約束してるから!」

梨子「じゃあ、逢田さんに伊波さんへ卵焼き作って持って行くように頼んでもらっていいですか?」

あいにゃ「ガッハハハハwあんじゅったらまたほしがってんのー?わかった言っとくー」

梨子「ありがとうございます!」

あいにゃ「こちらこそー!じゃあそろそろワイは行くわーじゃーねー!」バタン

梨子「ふうー。これでどうにかなりそうかな?」

98: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:02:56.29 ID:LWHx9K8h.net
あいにゃ「~~♪」ウキウキ

果南「あ」

あいにゃ「んー?果南ちゃんじゃん!どうしたの?」

果南「丁度いいや。あいなに頼みたい事があってさ」

あいにゃ「えー?ワイ今あんまり時間ないのよー」

果南「すぐ終わるからさ」

あいにゃ「ならいいよー。頼みって何~?」

果南「鞠莉になりきって欲しいんだ」

あいにゃ「鞠莉ちゃんに?なんでまた?」

果南「こ、今度デートに誘いたくて…その練習に///」

あいにゃ「あらあらあらwww果南ちゃんも可愛いところがあるのねwwwガッハハハハwww」

果南「い、いいからさ!」

あいにゃ「わかったよー!…あら果南~」

果南「ま、鞠莉!」

99: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:09:43.44 ID:LWHx9K8h.net
果南「あ、あのさ///」

あいにゃ「んん~なーにぃ?果南ったら珍しく照れちゃって~可愛い~」ツンツン

果南「ひっ///」

あいにゃ「あらあら~ここが弱いのかしら~もっと突っついちゃおうかしらね~♪」ツンツン

果南「や、やめて///」

あいにゃ「その反応パーフェクト!プリティよー!!」ツンツンツン

果南「は、恥ずかしいじゃん!やめてったらー!!!」ガシッ

あいにゃ「おぶっ!!?」

果南「鞠莉!あんまりちょっかい出すと…怒るよー!!」ゴキッッッッッ

あいにゃ「ぶばっ!!?」ボキボキッッッ

果南「あ」

あいにゃ「」バタッ

果南「ヤバ……あいな折っちゃった…」

100: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:15:35.71 ID:LWHx9K8h.net
あいにゃ「」

果南「あのーあいな…?」

あいにゃ「」

果南「ダメだ…完全に気を失ってる…」

ダイヤ「あら果南さん。そこに倒れているのは…あいなさん…?」

果南「き、聞いてよダイヤ~!!」

ーーーーーーーーーーーー

ダイヤ「全く…なんて事をあなたは…」

果南「どうしよう~!」

ダイヤ「どうもこうも…今すぐ病院に連れて行くしか」

果南「でもあいな…なんかこれから用事があったみたいで!」

りきゃこ「あいな~wwどこだし~www逢田さん来たしwww」スタスタ

果南「あ、あれは!」

ダイヤ「りかこさんですわ…恐らく…あいなさんはりかこさんと何やらお約束事があったようですわね」

果南「どうしよう!あいな意識無いよー!」

ダイヤ「落ち着きなさい。ここはわたくしと果南さんで何とか誤魔化しましょう。相手がりかこさんならきっと出来ますわ!」

果南「ほ、ホントに?」

101: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:27:27.86 ID:LWHx9K8h.net
りきゃこ「…ん?wあいなちゃんいたしwww」

あいにゃ「……」スタスタ

りきゃこ「ん?wなんか元気無い?www」

あいにゃ「大丈夫だよー!」テアゲ

りきゃこ「良かったしwww」

果南(これホントに大丈夫かなー)あいにゃの後ろに隠れてあいにゃを操作する果南

ダイヤ(りかこさんなら大丈夫ですわ!)その横であいにゃの声マネをするダイヤ

あいにゃ(ダイヤ)「でさでさでさー!!なんでワイとりかこさんは会ってるんでしたっけ!?」クイクイ

りきゃこ「何だしその口調wwwソロデビューの話でしょw」

あいにゃ(ダイヤ)「そうでしたわねー!あいなちゃんソロデビューしますのー!!凄いんですのーwww」ピョンピョン

りきゃこ「おめでとうwww」

あいにゃ(ダイヤ)「あいにゃとっても嬉しいですわー!!!泣いちゃう!!!」ウデブンブン

りきゃこ「泣くなしーwww」

102: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:36:55.58 ID:LWHx9K8h.net
りきゃこ「逢田さんからも言いたいしw」

あいにゃ(ダイヤ)「なんですのー?」

りきゃこ「ソロデビューwwwおめでとうだしwww」

あいにゃ(ダイヤ)「あらまー!!!」ツルッ

果南(ヤバっ!手がすべった!)

ドシン!

りきゃこ「っっっっ!!?w」

あいにゃ「」

チュウウウウウウウウウウ

果南「」

ダイヤ「」

果南「あ、あいなをりかこに押し倒してキスさせちゃった…。どうしようダイヤ!!」

ダイヤ「お、落ち着くのです!引き続き果南さんが操作してわたくしがアテレコで何とか誤魔化しますわ!」

果南「さ、流石にもう…」

ダイヤ「いいからやりますわよ!!!」

りきゃこ「んっ!ぷはっwあいな…www///」

あいにゃ(ダイヤ)「ガッハハハハハハハハwwwりきゃこの唇あいなちゃんがいただきましたのー!!!」

りきゃこ「あいなwww逢田さんの事好きだったの?w」

あいにゃ(ダイヤ)「ピィーピィーピィー!!!そうに決まってますわー!!ソロデビュー祝いにりきゃこをよこすんですの!!!」

りきゃこ「肉食www」

あいにゃ 「う、うーん…」

ダイヤ「!!?」

果南(ヤバイ!本物が目を覚ました!!)

103: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 17:42:55.94 ID:LWHx9K8h.net
ダイヤ(果南さん!戻るのです!)

果南(う、うん!)スタタタタタタ

あいにゃ「あれ…確か果南ちゃんと喋っててそれから…」

りきゃこ「あいなwww」ガシッ

あいにゃ「うええ!?りきゃこ!?」

りきゃこ「あ、逢田さんからもキスしてやるしwww」

あいにゃ「や、やめてよ!!!」バシーーーン‼︎

りきゃこ「っっっっ!?w」

あいにゃ「いきなりキスしてくるなんて最低!そういうところ、大嫌いだった」

りきゃこ「あ、あいな…www」

あいにゃ「二度と近付かないで。…あ。あと卵焼き作ってあんじゅに渡しに行って」スタスタ

りきゃこ「…w…wwwww…wwwwwww」

ダイヤ「ふう…一件落着ですわ」

果南「どこが」

107: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:04:25.52 ID:LWHx9K8h.net
ダイヤ「ひと段落した後は癒しが欲しいですわ!」

果南「またルビィちゃんでしょ」

ダイヤ「果南さんも行きます?」

果南「私は鞠莉のところ行くからいいや」

ダイヤ「ああ…そうでしたわね。ではまた」

果南「うん」スタスタ

ダイヤ「ふう。…あ!いましたわ!!」

ふりりん「おっ?」

ダイヤ「降幡さん!またお願いしますわ!!」

ふりりん「おいおいおいwまたかよwww昨日もやっただろw」

ダイヤ「また欲しいんですのお!!」

ふりりん「ったくしょーがねーなあ。…ゴホン!おねえちゃぁ!」

ダイヤ「んまー!!ルビィいいいいいい!!!」

109: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:08:03.81 ID:LWHx9K8h.net
ふりりん「どうしたの?おねえちゃぁ!」

ダイヤ「わたくしひと仕事終えて疲れちゃってぇ」

ふりりん「それはお疲れ様!ルビィにたっぷり甘えてね♡」

ダイヤ「ルビィいいいいいい!!!」ガッ

ふりりん「ピギィ!!だ、抱きつくのは怖いからやめてぇ」

ダイヤ「申し訳ありませんわ!ルビィが可愛すぎてつい!」

ふりりん「そう言ってくれて…ルビィ嬉しい!喜びがあルビィ!」

ダイヤ「わたくしもですわあああああ!!!」

ありしゃ「ん…」スタスタ

111: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:11:21.29 ID:LWHx9K8h.net
ありしゃ「ルビィ!」

ふりりん「ピギッ!おねえちゃぁ!」

ダイヤ「!?」

ありしゃ「何をしていますの?」

ふりりん「うゅ…お姉ちゃぁを癒してあげてたの…」

ありしゃ「あなたの姉はわたくしでしょ?癒すのはこっちですわ!」

ふりりん「そ、そうだったね!お姉ちゃぁ!」

ありしゃ「んほおおおおおおお!!!」

ダイヤ「ちょ!ちょちょちょ!!有紗さん!!」

ありしゃ「お黙りなさい!!わたくしは黒澤ダイヤですわ!貴女はどこの馬の骨でして!?」

ダイヤ「えぇえええええ……」

ありしゃ「ルビィいいいいいい!!」

ふりりん「ピギィ!抱きつくのはやめてぇ!」

ダイヤ「うぅ…」スタスタ

113: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:19:53.25 ID:LWHx9K8h.net
ありしゃ「ふう。ルビィも飽きましたわね。降幡さんに戻って下さいまし」

ふりりん「えぇ?あーしでいいのかw」

ありしゃ「お会いしたかったですわぁ!降幡さん!」

ふりりん「ていうかダイヤさんどっか言ったけどいいのか!?」

ありしゃ「その内帰ってきますわ!降幡さん!」

ルビィ「ピギィ!」

ふりりん「おいおいおいwそれ本物のルビィだってw」

ありしゃ「降幡さん!ルビィみたいな口調してどうしましたの!?」

ルビィ「う、うゆぅ…ルビィはルビィだよお」

ふりりん「ルビィちゃん…これはあーしのモノマネするっきゃねえw」

ルビィ「えぇ…。…ゴホン。ウシャシャシャシャシャwwww」

ありしゃ「んまー!!」

ルビィ「ウシャシャシャシャシャ!!シャシャシャシャシャwwwwwwww」

ありしゃ「これぞふりりんですわ!」

ふりりん「あーしこんななのか?w」

115: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:26:37.79 ID:LWHx9K8h.net
ルビィ「おえ?あーしかwwwあーしはいつもこんなんだぜシャシャシャシャシャwwww」

ありしゃ「そうそうその笑い方!」

ふりりん「これもう訳わかんねえな。収集つかねえだろw」

ルビィ「おいおいおいwwwダイヤちゃんさあwwwルビィちゃんにもっとアイスあげろよwww」

ありしゃ「後で言っておきますわ!」

ふりりん「こういう時だけ本物頼りかよw」

ダイヤ「…」スタスタ

ふりりん「おっ!本物のダイヤちゃん帰って来た」

りきゃこ「ねえwダイヤちゃんこんな所に連れ出して何w」

ふりりん「りかこ?」

ダイヤ「りかこをさあ…味見したいんだよね!」ガバッ

りきゃこ「!!?w」

ダイヤ「りかこの顔見てるとムラムラするんだよね。プレスしたい!」

りきゃこ「やだやだやだやだー!!!」

ふりりん「今度はダイヤが有紗やり出したぞw」

116: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:33:26.62 ID:LWHx9K8h.net
ありしゃ「ピギィ!あ、有紗ちゃん何やってるのぉ…ルビィ怖い…」

ルビィ「おいおいおいwwwお前がルビィやるのかよw」

ふりりん「これもうわかんねえなw」

ダイヤ「あー!気持ちいい!気持ち良いよりかこ!」

りきゃこ「や、やめて!有紗さん!!」

ダイヤ「!!?り、梨子ちゃん!?」

りきゃこ「そうだよ!桜内梨子だよ!プレスなんてやめて!」

ダイヤ「おかしいな…私…りかこをプレスしてた筈なのに…」

りきゃこ「りかこはアイツだよ!」ユビサシ

ダイヤ「ん?」

ふりりん「え?あーし?」

ありしゃ「ピギィ!この人逢田さんだって!」

ルビィ「ウシャシャシャシャシャwwwそっかそっかw」

ふりりん「え?…ゴホン。何だしwww逢田さん呼んだ?w」

ダイヤ「いたいた。じゃあプレスするね」ガシッ

ふりりん「ええー!ちょ!ええー!!?」

りきゃこ「ふう…なんとか逃れたわね」

ありしゃ「………」

117: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:39:07.92 ID:LWHx9K8h.net
ありしゃ「ピギィ!!」ガシッ

りきゃこ「ええ!?ルビィちゃん!?私梨子だしw」

ありしゃ「」パンパンパンパン

りきゃこ「やだやだやだやだ!!!」

ふりりん「なんだしアレwww逢田さんドン引きだしw」

ルビィ「顔はそのままだから本能的に有紗の身体が反応したんだよw多分www」

ダイヤ「ふーん。お腹すいた」

りきゃこ「待ってって!!w逢田さんはあんちゃんに卵焼き持って行かなきゃーーーーw」

ルビィ「だってよw」

ダイヤ「それは頑張ってね」

ふりりん「え?…あ。…そ、そうだしw逢田さん卵焼き作ってくるしwww」スタスタ

ルビィ「ところでよw」

ダイヤ「ん?何?」

ルビィ「あーしらって元々誰だったっけw」

ダイヤ「さあ。知らない」スタスタ

ルビィ「ウシャシャシャシャシャwww」

119: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 19:51:20.18 ID:LWHx9K8h.net
ふりりん「…完成w」

ふりりん「この卵焼きをwwwあんちゃんに届ければいいんだっけwww」

ふりりん「早速行くしwww」スタスタ

きんちゃん「あれ?ふりじゃん。そんなヘラヘラしてどうしたの?」

ふりりん「違うしーwあーしは逢田さんだしーw」

きんちゃん「いやwあーしって言ってるじゃんw」

ふりりん「逢田さんバカにすんなしwお前後で覚えてろよw」

きんちゃん「なんだよコレw」

ふりりん「かなここそ何してるの?w」

きんちゃん「別に何にも?暇してるだけ」

ふりりん「暇ってwなんか訳わかんない5人グループ作って活動始めたじゃんよw」

きんちゃん「あーあのグループね。ちゃんと活動してるよ。花丸ちゃんが」

ふりりん「え?w」

きんちゃん「これ写真」つスマホ

ふりりん「…w」

センターが花丸ちゃんになったBlooDye5人の写真

きんちゃん「ネタでこれやってみたら…かなり反響があって…センターの子が小さくて可愛くてロリ巨乳で良いって……」ウルウル

ふりりん「か、かなこ?w」

きんちゃん「自分が作ったグループを担当メンバーに全部奪われて涙ぐむ私」ポロポロ

ふりりん「これは構ってられないしwww逃走www」スタスタ

きんちゃん「え!ちょっとー!」

120: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:00:30.25 ID:LWHx9K8h.net
ふりりん「とにかくあんちゃんに卵焼き持って行かないとw」

ふりりん「…おwあれはw」

鞠莉「何…?話って…果南?」

すわわ「デートして欲しいんだ。私がお姫様抱っこして行きたいところ連れて行ってあげるよ」

鞠莉「っ!」キュン

すわわ「…こんな感じで言えばいいんじゃないかなーん」

果南「いや待ってって…普通見本を本人の前でやる?」

すわわ「んあ?」

鞠莉「果南大好き♡」ダキッ

すわわ「うむ!大きい感触が気持ち良いよ!行こうか鞠莉!デートに!」

鞠莉「チャオー!」

果南「おい!それは私の立ち位置だって言ってるんだよ!こっちは!ホントすわわうるさい!!」

ふりりん「何だしアレwww」

ふりりん「…おっとwあんちゃんの所早く行かなきゃだしwww」スタスタ

121: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:12:02.92 ID:LWHx9K8h.net
その頃

曜「あ、あんちゃん落ち着いてって!!」

あんちゃん「おっせーよー!!!いつまで待たすんだよ卵焼き!!!」

曜「ひいいいい!!」

あんちゃん「クソがああああああ!!」

曜「あ、あんじゅ!!」

あんちゃん「…!しゅか…?」

曜「どうしたのあんじゅ…怖い顔してさ…」

あんちゃん「あ、あのね…りこちゃんが卵焼き持って来てくれるって言ってたのに全然来ないからイライラして…」

曜「じゃあそれまで外走って来ようぜ!汗かいて腹空かせよう!」

あんちゃん「いやもうかなり腹減ってるんだけど」

曜「いいから行こう!」ガチャ

千歌「ただいまー!しゅかちゃんといっぱい遊べたのだ!」

曜「千歌ちゃん!?」

千歌「ほえ?よーちゃん?」

あんちゃん「ん…千歌ちゃん…だと…」ゴゴゴ

122: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:16:12.15 ID:LWHx9K8h.net
曜「やっば!千歌ちゃん今はあんちゃんに会わない方が!」

千歌「なんでー!チカ別にあんちゃんの前ではプレステやってないよー!」

曜「あああああああ!!」

あんちゃん「オラァ!!千歌てめぇ!!」

千歌「うわっ!」

あんちゃん「お前の部屋からなあ…とんでもねぇゴキブリが出て来たんだわ」

千歌「……逃げるのだ!」

あんちゃん「待てオラァ!!!」ガシッ

千歌「うわー!!」

曜「千歌ちゃん!!」

あんちゃん「お仕置きが必要だね」

千歌「やだー!ゲームキューブの角で殴られるのはもう嫌ー!」

しゅか「ちょ!あんじゅ何してんのさ!」

曜「しゅかちゃん!」

あんちゃん「…しゅか。本物の…しゅか!」

123: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:23:32.23 ID:LWHx9K8h.net
しゅか「落ち着け落ち着け!」

あんちゃん「……」サッ

千歌「ふうー…助かった…こういう時の為にしゅかちゃん連れて来てよかったよ~」

曜「準備が良いね…千歌ちゃん」

しゅか「あんじゅ何かあった?こういう時はあたしがしゅかっとお悩み解決しちゃうよ!」

あんちゃん「マジで?」

しゅか「任せなよー!」

あんちゃん「…ウチの子と親友を妊娠(任天堂信者に)させたいんです」

しゅか「ぶぼーーーーー!?に、妊娠って///」

あんちゃん「どうすればいいんですか!しゅか先生!!」

しゅか「いやそもそも…あんじゅツいてんの?」

あんちゃん「付いてるよ(スプラトゥーンコントローラ)」

しゅか「そ、そんな…ツいてるあんじゅなんて嫌だ…大っ嫌い!!」

あんちゃん「っっっっっ!!?」

124: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:29:12.34 ID:LWHx9K8h.net
しゅか 「超ショックだわ…ねえ千歌ちゃん」

千歌「ほえ?何ー?」

しゅか 「あんじゅやって」

千歌「えーまたー?」

曜「しゅかちゃんこの状況で何を!」

しゅか 「うるさいな!現実逃避したいの!さああんじゅを!!」

千歌「うう…。…どしたんだよしゅか」♪イケメン選手権BGM

しゅか 「あんじゅ///」

千歌「悩み事でもあるのか…?……おいで」バッ

しゅか 「あんじゅーーーー///」ダキッ

千歌「よしよしよし。可愛いしゅかだな」ナデナデ

しゅか 「///」キュンキュン

あんちゃん「しゅかに…大っ嫌いって…」

曜「こっちはこっちでヤバイよ!また私がしゅかちゃんやれば!」

千歌「オラァ!!何へこたれてんだよ!」

曜「千歌ちゃん!?」

125: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:34:11.21 ID:LWHx9K8h.net
千歌「千歌じゃない。千歌塾長だ」

曜「それあんちゃんが個人イベでやってる奴だ!でもあくまで千歌ちゃんなんだね!」

あんちゃん「ち、千歌ちゃん?」

千歌「何小せえ事でヘコんでんだ?お前それでも俺の担当メンバーなのかあ?」

あんちゃん「……」

千歌「お前が伊波であるのなら!もっと胸を張ってデッカく生きろ!実際デカいんだし!!」

しゅか 「あんじゅはそんなセクハラまがいな事言わないよ」

あんちゃん「そ、そうだね!うおおおおお!」

千歌「じゃあ家で堂々とプレステやるの許してくれるくらいデッカくなって!」

あんちゃん「それとこれとは別だよおお!!」ガシッ

千歌「うわあああああん!助けて曜ちゃんしゅかちゃん!」

曜「結局振り出しに戻るの!?」

しゅか 「どうしよう!!」

ピンポーン

あんちゃん「…これは!もしかして卵焼き!!」

ガチャ

ふりりん「逢田さんが卵焼き持って来たしwwwww」

あんちゃん「…?」

126: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:41:16.79 ID:LWHx9K8h.net
あんちゃん「ふりりん?」

ふりりん「違うし逢田さんだしwww」

しゅか 「いや、ふりだよね」

ふりりん「逢田さんだしwwwあーしが作った卵焼きだしw」つ卵焼き

曜「それはもはや…普通の卵焼きなのでは?」

千歌「あ、あんちゃん一応食べてみて!」

あんちゃん「…」パクッ

ふりりん「どうだしwあーしの卵焼きはwwwウシャシャシャシャシャwww」

しゅか「いやもうただのふりじゃんよ…」

あんちゃん「…普通」

ふりりん「そりゃそうだwwwふりが作ったふつーーーーーの卵焼きなんだからwwww」

あんちゃん「……」スタスタ

千歌「あれ?あんちゃんどっか行った?」

曜「絶望して全てのやる気無くしたパターンだよ!逆に良かったかも!」

しゅか 「いや…そんな上手く行くわけ…」

あんちゃん「待たせたね」つゲームキューブ

曜「ヨーソロ!!?」

千歌「あ、あんちゃん…ゲームキューブを4つも持って何を…!?」

あんちゃん「4名様…処刑開始!」

ふりりん「え?」

「ウシャシャシャ……ジャアアアアアアアアアアアア!!!」ドゴォ‼︎‼︎

おわり

129: 名無しで叶える物語 2019/07/31(水) 20:45:47.87 ID:LWHx9K8h.net
おまけ

小林「よ、ヨハちゃん!ずっとずっと前から…大好きでした!」

小林「小林と…小林と付き合って下さい!!」

「な、何言ってるのよ小林///い、いいわよ!この堕天使ヨハネ…付き合うわよ!」

小林「…いや。ヨハちゃん多分そんな直球でオッケーしないよ。わかってないなー楠木は」

ともりる「はあ…小林のこだわりなんて知りませんよ。ていうか良い加減解放してくれません?私忙しいんで」

小林「待って!まだ練習したいの!もうちょっとヨハちゃんやって!」

ともりる「はあ…もう一回だけですよ?ゴホン…はぁーい?何かしら小林」

小林「ヨハちゃん!あのね!」

善子「…さっきから何やってるのかしら…あの2人…」

本当におわり

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1564484532/