小林「ヨハちゃんの誕生日を祝いに来たよ!!!」

ラブライブ!サンシャイン!!, 中の人, 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

1: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 20:34:24.79 ID:nMUEAV5H.net
7月13日早朝 ヨハネマンション

ともりる「お誕生日おめでとうございます~wヨハネちゃんー」

善子「フッ…魔界より降り立った私も、年月の流れには勝てないものね…でも堕天使ヨハネは歳を重ねてもいつまでも暗黒魔法はつかえて…」

ともりる「ああいや…そういうの今日はいいですから」

善子「何よ!!!今日はヨハネの誕生日なんだから!今日くらい好きにやらせなさいよ~!」

ともりる「いや…普段も好きにやってると思いますけどね」

善子「それにしても、貴女がヨハネの誕生日をお祝いしに来てくれるなんて意外だったわね」

ともりる「この日だけはスケジュール空け……ああいや!今日がたまたま多忙な私のオフ日だったもので!」

善子「あら…そうなの?」

3: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 20:40:18.82 ID:nMUEAV5H.net
善子「まあでも、ありがとね。今年はヨハネ1人だけのひっそりとした誕生日になりそうだったから」

ともりる「小林の事ですか?」

善子「ええ。最近小林もソロの仕事が来るようになって忙しいから。今日もAqours全員で出る音楽の日の生放送のリハーサルと打ち合わせがあるみたいで…昨日からいないのよ」

ともりる「小林のくせに私みたいに多忙になるとは、生意気ですね」

善子「でもアニメ出てる本数は相変わらずあなたがぶっちぎりよ」

ともりる「ですよねーwアッハハハハハハwww」

善子「ふふふっ」

プルルルル

ともりる「あ、電話が鳴ってますね」

善子「ヨハネが出るわ。もしもし。津島ですけど」

善子「あ!マンションの管理人さん!…え?マンションの近くに不審者…?」

善子「え!不審者がこの部屋の人っぽい!?」

ともりる「まさか…」

4: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 20:46:35.76 ID:nMUEAV5H.net
マンション付近の通り

小林「こうかな?いや!こう!あー違う!!」

ふりりん「おいおいwww早くしろっつーのw」

小林「待ってよ!この構図じゃヨハちゃんのフラッグがちゃんと写らないでしょ!」

ふりりん「にしてもあーしもずっとカメラ持ってスタンバってるのめんどくせーしw」

小林「ふりは私が任命したカメラマン兼運転手なんだから帰っちゃダメだからね!」

ふりりん「突然昨日の夜に呼び出されて沼津まで車出して連れてけとかさーwあーしじゃなかったら断ってるぜw」

小林「とにかく!ここで自作のヨハトレーナー着て、最高のベストショットを撮るの!!」

ふりりん「じゃー早いところポーズ決めろってwあーしら今日音楽の日のリハとかあるんだぜw」

小林「こう!…あ!!これだ!!撮って!!!」

ふりりん「よしきた!」パシャパシャ

小林「どれどれ!うん!!良い写真だ!9時くらいにツイートしよ!」

善子「その声は!!やっぱり小林ね!!!」

小林「げげっ!!ヨハちゃん!!?」

6: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 20:52:24.84 ID:nMUEAV5H.net
ともりる「何やってるんですか小林w」

小林「楠木も!?てゆーかなんでヨハちゃんと楠木が2人一緒にいるの!?」

善子「そんな事より!管理人さんから苦情来たのよ!不審者がいるって!」

小林「ええっ!不審者!?どこどこ!?」

ふりりん「いや、どう考えてもあーしらっしょw」

小林「変な事何もしてないよ!」

善子「してるじゃない!そもそも何なのよその格好!?角付けてヨハネのイラスト貼ったトレーナーって!」

小林「ヨハちゃんへの愛を形にしたんだよ!」

ともりる「うわあ…」

小林「そこ!!何引いてるの!!」

ふりりん「まあ…2時間もここで変なポーズ決めてたら通報もされるかw」

善子「あぁ…恥ずかしい///」

7: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:00:15.44 ID:nMUEAV5H.net
ともりる「2時間って…何時に着いたんですかw」

小林「確か車の中でヨハ誕0時ツイートしたから…昨日の23時頃出発で…深夜2時くらい?それでちょろっと聖地巡礼して」

ふりりん「深夜の聖地巡礼とか正気かよって思ったなーw」

小林「で!夜が明けたタイミングでここでベストショット撮ろうと思って!ヨハちゃんに内緒でこっそりとね」

ふりりん「だから深夜着にしたんだよな」

善子「その結果思いっ切り見つかっちゃってるじゃないのよ!!」

小林「ヨハちゃんだって!私に隠れて楠木と浮気とかどういうこと!?信じられない!」

善子「そもそも小林と付き合ってたつもりは無い!このまな板デーモン!!」

小林「っっっっっっっっ!!!?」ガーーーン

ともりる「あちゃー…ヨハネちゃん言っちゃいましたね」

善子「え?」

小林「よ、ヨハ…まな板デーモンって…ヨハネ…ヨハ…」

ふりりん「おいおいおいwww元気だせってwww」

9: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:06:22.89 ID:nMUEAV5H.net
小林「…そうか。迷惑かけちゃったんだね」

善子「こ、小林?」

小林「ゴメンねヨハちゃん…せっかくの誕生日なのに…私、東京に戻るね」

ふりりん「打ち合わせの時間も迫ってるしなw」

小林「うう…うわあああああああん!!」スタタタタ

ふりりん「待て待てwww」スタタタタタ

ともりる「行っちゃいましたね…」

善子「言い過ぎたかしら…でも、まな板なんて事…ともりるは小林の顔見るたび言ってるじゃない」

ともりる「なんというかその…ヨハネちゃんに言われたのがショックだったんじゃないですか?」

善子「えっ……」

12: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:17:30.84 ID:nMUEAV5H.net
ヨハネマンション

善子「……」シュン

ともりる「ヨハネちゃんー?」

善子「あっ。何かしら?」

ともりる「グランマさんに特注で作って貰ったイチゴチョコケーキ、食べないんですか?」

善子「今…食欲無くて…」

ともりる「完全に小林の事気にしてますね」

善子「は、はあ!?そそそ、そんな事無いし!誰が小林の事なんか…」

ともりる「はあ…素直になってくださいよ」ガタッ

善子「ともりる?」

ともりる「…いでよ!!」ピカッ

善子「何してんの!?」

せつ菜「ヨハネさん!!」ザッ

善子「貴女は!」

ともりる「せつ菜ちゃん召喚しましたw」

善子「いつのまにかそんな能力を…」

13: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:24:49.46 ID:nMUEAV5H.net
せつ菜「ヨハネさん!!」

善子「な、何よ…」

せつ菜「小林の事を気にしているのでしょう!」

善子「別にそんな事無いわよ。全然気にしてないし」

せつ菜「嘘です!ヨハネちゃんは小林の事が大好きなんでしょう!」

善子「えっ///」

せつ菜「その表情!やっぱり大好きなんだ!小林がヨハネちゃんの事を大好きだってのは全世界が知る事実」

せつ菜「だったら相思相愛じゃないですか!」

善子「だ、だったらなんだっていうのよ!」

せつ菜「小林に会いに行きましょう!」

善子「ええっ!?」

せつ菜「小林はきっと今日こっそり沼津で誕生日のお祝いをして、ヨハネちゃんにサプライズをしたかったんです」

せつ菜「だったら、ヨハネちゃんもこっそり音楽の日の観覧に行ってサプライズをしましょう!」

善子「小林に…会いに!」

15: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:34:10.50 ID:nMUEAV5H.net
TBS

ともりる「来ちゃいましたねw」

善子「ま、まあ~?せっかくのヨハネのバースデーに小林がいないのも物足りないし~ヨハネから来てあげたの!」

ともりる「また本心隠しちゃってw」

善子「うるさいわね!…で、どうするの?」

ともりる「え?何がです?」

善子「何がって…音楽の日のスタジオ観覧するんでしょ?どうすれば参加出来るのよ」

ともりる「知りませんよ」

善子「はあ!?せつ菜から聞いてないの!?」

ともりる「せつ菜ちゃん、言うだけ言ってその辺の事全く考えないんですよね」

善子「貴女の担当キャラどうなってるのよ!?これじゃあ観覧出来ないじゃない!!」

ともりる「困りましたね…私もてっきりヨハネちゃんに策があるとばかり…」

善子「せっかくここまで来たのに入れないなんて…」

17: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:42:27.21 ID:nMUEAV5H.net
あんちゃん「りこちゃんりこちゃん…」ブツブツ

ともりる「おや。あれは…伊波先輩ー!」

あんちゃん「ほえ?あ、ともりちゃん!あと善子ちゃんだ!」

善子「ヨハネ!」

あんちゃん「今日誕生日だよね!おめでとさん!」

善子「あ、ありがと…///」

ともりる「外に出てどうしたんですか?伊波先輩出演者でしょ?」

あんちゃん「Aqoursの出番までまだまだだからねー。りこちゃん探そうと思って」

ともりる「逢田さんですか?いないんですか?」

あんちゃん「なんかりこちゃんだけ個人イベントあって打ち合わせに参加出来なくて。そろそろ到着する頃だからたまごや…りこちゃんを迎えに来たの」

善子「今卵焼きって言いかけた…」

ともりる「恐らく…いつもみたいに逢田さんの卵焼き不足で調子狂ってるんでしょう。なので1秒でも早く逢田さんが欲しいと」

あんちゃん「ともりちゃん凄いな~」

善子「このグループヤバイわね…」

18: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:51:58.69 ID:nMUEAV5H.net
あんちゃん「ところで2人はなんでここへ?」

ともりる「あ、そうだった。私達、音楽の日の観覧希望で…でも入場券みたいな物が何も無くて…」

あんちゃん「ああーそれならAqoursのスタッフを名乗ればいいよー。私の名前出せば多分入れるよ~」

ともりる「本当ですか!?凄い伊波先輩!」

あんちゃん「へっへっへーん。リーダーの特権ってやつだね」

善子「ありがとうあんちゃん!これで小林に会える!」ワクワク

あんちゃん「ほえー?小林ー?」

ともりる「あ、伊波先輩!私達2人に会った事はくれぐれも小林には内密でお願いします!」

あんちゃん「わかったー」

ともりる「じゃあ行きますか」

善子「ええ!」

りきゃこ「あぁーwww逢田さん人気過ぎて忙しいしwww」ウキウキ

あんちゃん「あ!!!りこちゃ…いや違った。卵焼き!!!」

りきゃこ「あ、あんちゃん…w」

20: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 21:59:34.00 ID:nMUEAV5H.net
ともりる「すいません。私達Aqoursのスタッフなんですけど。伊波さんからの紹介で」

警備員「は?なんすかそれ…聞いてないんで帰ってください」

善子「ダメじゃないのよ!!」

ともりる「あ、あれー…おかしいなあ…w」

警備員「あんちゃんにそんな特権無いでしょー…あ!!き、君は…ヨハネちゃん!!?」

善子「え?ヨハネを知ってるの?」

宮田「知ってる知ってる!俺!ラブライバーで有名なキスマイ宮田だよ!」

善子「ええ…」

ともりる「なんでそんな人が警備員なんか…そもそも出演者では?」

宮田「中居さんがさー、宮田は外の警備とかやってたら面白いべとか言い出して…ああともかく!ヨハネちゃんだったら話は別だ!付き添いの君も!さあ入って入って!」

善子「あ、ありがと…」

ともりる「よくわかりませんが…なんとか入れましたね!」

21: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:04:12.10 ID:nMUEAV5H.net
深夜2時過ぎ

ともりる「zzz」

善子「眠っ…ともりるは寝ちゃったし…って!なんでこんなに出番が遅いのよー!!!」

善子「何これ!?Aqoursのスケジュールどうなってるのよ!司会の中居さんと安住さんも帰っちゃったし!」

善子「ジャニーさんへの手紙読んだりとか…良い所沢山あったけど、ヨハネが見に来たのは小林なのー!!!」

ともりる「うーん…こばやしのひんにゅー…」ムニャムニャ

善子「すっかり寝ちゃってる…」

宮田「あ!ヨハネちゃんいたいた!」

善子「あなたは…」

宮田「Aqoursを見に来たんでしょ?今ネット配信やってるスタジオにいたよ!」

善子「ホントに!?」

24: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:10:15.70 ID:nMUEAV5H.net
paravi配信のスタジオ

宮田「ところで何その格好?」

善子(マスクグラサン)「小林にヨハネがいるってバレたくないの!」

宮田「よくわからないけど…もうすぐ着くよ!ってあれ」

小林「Aqoursが誰もいない!?ちょっとどうなってるのよ!?」

宮田「あー、これもうトークの出番終わっちゃったんだなー。ヨハネちゃんがマスクとか探してたからさー」

善子「もう!まだスタジオ裏とかにいるかもしれないからヨハネが探す!」スタタタタタ

宮田「あ、ちょっとー」

25: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:14:58.82 ID:nMUEAV5H.net
スタジオ裏

善子「宮田はアテにならないわね。お、あれは…」

りきゃこ「お疲れ様でしたwww」

DAIGO「あ、どうもどうもー。KTHですね」

りきゃこ「KTH?w」

DAIGO「キミは つねに ヘラヘラしてるねって事っす」

りきゃこ「wwwwww」

あいにゃ 「あ!DAIGOさんお疲れ様です!」

DAIGO「おぉー。TIYでしたー」

あいにゃ「え?」

DAIGO「体内に イルカを 宿してる」

あいにゃ 「なにそれwwwwガッハハハハハハwwwピィーーーーピィーーーーピィーーーーwwww」

善子「何これ…」

28: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:24:22.61 ID:nMUEAV5H.net
DAIGO「それそれー。おっ、キミもお疲れー」

すわわ「ん」

DAIGO「マジOAKだわー」

あいにゃ 「どういう意味です?」

DAIGO「おい 挨拶してるんだよ こっちは」

りきゃこ「wwwww」

すわわ「うむ」

ふりりん「ありがとうございましたー」

DAIGO「うーん。KKO」

ふりりん「けーけーおー?」

DAIGO「今月で 冠番組 終わっちゃう」

ふりりん「おいおいおいwwwマジで気にしてる所突いてくんなよw」

ありしゃ「眠…あ、お疲れ様ですー」

DAIGO「OIK」

ありしゃ「は?」

DAIGO「俺と 一緒に 帰ろうとしたね」

ふりりん「さっきの事じゃんよw」

ありしゃ「ふーん」

30: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:30:55.05 ID:nMUEAV5H.net
善子「1人ずつDAIGOさんと挨拶してるのね。だったら小林もそのうち…!」

DAIGO「えーと、君はAOT」

しゅか「えーおーてー?」

DAIGO「汗かくキャラなのに 音楽の日の今年のテーマの汗に 使われなくて残念すぎる」

しゅか「なげーよw」

DAIGO「NTW」

きんちゃん「涙ぐみながら ツイートする わたし」

DAIGO「正解!」

しゅか「クイズかよw」

あんちゃん「DAIGOさん私は私はー?」

DAIGO「MDM」

あんちゃん「えむでーえむ?」

DAIGO「胸デカイマジで」

あんちゃん(無言の回し蹴り)

DAIGO「IMI!!!(痛いマジで痛い)」バタッ

33: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:38:46.36 ID:nMUEAV5H.net
DAIGO「」

すわわ「気絶しちゃったよ」

あんちゃん「ごめん、ムカついてつい回し蹴っちゃった」

ふりりん「んなことよりそろそろAqoursの出番だぞー」

ありしゃ「あ、起きなきゃ」

しゅか「そういえば小林はー?」

りきゃこ「1番最初にDAIGOさんと挨拶済まして、どっか行ったしw」

きんちゃん「ちなみにきゃんのダイ語は?」

りきゃこ「MTM(胸小さいマジで)」

あんちゃん「私と逆じゃん!ネタ無くなってきてるんだねー」

あいにゃ 「とにかくもうすぐ出番だし行こうか~」

すわわ「あいきゃんは先に出番の準備に行ったのかなーん」スタスタ

34: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:44:06.30 ID:nMUEAV5H.net
善子「…小林、いないのね。どこ行ったのかしら」

DAIGO「うう…け、KSH…」ムクッ

善子「え?KSH?」

DAIGO「小林は そこの部屋に 入って行くのをさっき見た」

善子「え?あそこの部屋に!?ありがとうございます!」スタタタタタタ

部屋の前

善子「この中に小林が…。もしかして…ヨハネが今朝言った事を気にして…一人で泣いてるのかも…」

善子「ん…?部屋の中から声が聞こえる!」

「ヨハちゃん…ポロポロ…ヨハちゃん…」

善子「涙が流れ落ちる音とともに私の名前を!やっぱり気にしてたのね!!違うの小林ー!!!」ガチャ‼︎

小林「え?」つヨハネねそべり

善子「え?ヨハネのねそべりにヨダレ沢山垂らしてる…」

小林「ああこれは!!ヨハちゃんに会えない寂しさを解消しようと思って、ヨハねそべりに私の体液かけてて……ってなんでヨハちゃんがここにいるの!!?」

善子「帰る」スタスタ

小林「待って!!!」

35: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:49:26.66 ID:nMUEAV5H.net
善子「…これだけ言っとく。あの…今朝はキツイこと言ってごめん」

小林「え?」

善子「小林はせっかくのヨハネの誕生日を祝ってくれてたのに…その気持ちを考えて無かった」

小林「よ、ヨハちゃん…」

善子「あと…仕事なのは仕方ないけど…ヨハネの誕生日はやっぱり小林と一緒にいたかった」ウルウル

小林「ヨハちゃあああああああん!!!」ダキッ

善子「うわああああん!!小林いいいいい!!小林に会いたかったよおおおお!!会いたくてサプライズで驚かせようとここまで来たのおおおお!!」ギュッ

小林「すっごい驚いたよおおおおお!!私も!ヨハちゃんに会いたかったああああああ!!」

善子「って!泣いてる場合じゃないわよ!!これからブラメロ披露するんでしょ!!行って来なさい!!」

小林「そうだった!!じゃあ見ててよヨハちゃん!!最高のステージを送るから!!!」

善子「ええ!!!終わったらグランマさんのイチゴチョコケーキを一緒に食べましょう」

小林「うん!ヨハネ生誕祭の後夜祭をしようね!!じゃあ行ってくるね!!!」

善子「ヨハネも観覧席に戻らないと!!」ガチャ

36: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 22:58:36.38 ID:nMUEAV5H.net
ともりる「Aqoursさんのライブ良かった~深夜までいた甲斐はありましたねー。終わったし帰りましょうかねw」スタスタ

善子「あれ?ともりる…」

ともりる「あ、ヨハネちゃん!起きたら隣にいないんだもん!心配しましたよ!!」

小林「あの…Aqoursのライブ終わったって…?」

ともりる「あれっ!?小林なんでここに!?今終わりましたけど…確かに9人いたんだけどな…」

小林「いや私参加してない!!」

ともりる「嘘…でも歌凄い上手かったし…胸無かったし…小林だとばかり思ってた…」

小林「なになに怖い!どういう事!?」

善子「そういえば何だかんだでさっきの部屋にいた時間長かったし…本番の時間過ぎちゃってたんじゃ。貴女浦ラジも遅刻した事あったし」

小林「それにしたってなんで小林が二人いるの!?」

あんちゃん「みんなお疲れ様ー!じゃありこちゃんまた卵焼き作って!!!」

りきゃこ「wwwww」スタスタ

あんちゃん「待ってるよー!」

善子「あそこで打ち上げやってるわよ」

小林「ちょっとー!!!」

39: 名無しで叶える物語 2019/07/16(火) 23:04:06.31 ID:nMUEAV5H.net
しゅか「お疲れー!いやー、小林が見当たらないってなった時はどうしようかと思ったよー!」

すわわ「先にスタンバイしてるのかと思ったらどこにもいなかったんだよね」

きんちゃん「そこで!急遽代役で入ってくれたんですよね!ありがとうございましたー!!」

あいにゃ 「きゃんと同じくらい踊れてましたよ~!ピィーーーーwwww」

DAIGO「KOY(これで 俺が ヨハネ役)」

ふりりん「お!お!DAIGOさんがヨハネやっちゃうかw」

ありしゃ「ねっむ」zzz

ともりる「…あれDAIGOさんだったんですかw胸でしか確認してなかったw」

善子「……ヨハネと同じく、貴女も不運ね小林」

小林「うーん、そうだね!って違うよ!!ねーみんなー!!!小林ここにいるー!!!WYKーーー!!!(私が ヨハネ役の 小林!!!)」スタタタタタタ

おわり

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1563276864/